RQ-5 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RQ-5 ハンター

RQ-5 ハンター(hunter,英語猟師の意)はアメリカ陸軍師団部隊指揮官レベルで使用するために開発された短距離無人航空機システムである。離陸着陸(アレスティングギアを使用)は滑走路で行う。機体に搭載したジンバルEO/IRセンサーで撮影した映像は、C-バンド見通し線データリンクにより空中にいる他のRQ-5を中継して、リアルタイムで地上に送信される。RQ-5はイスラエル・エアロスペース・インダストリーズで開発されたハンター UAVを元に開発された。

1993年に納入契約が結ばれ、1995年までに配備が完了した。1999年にはコソヴォで実戦投入されている。

派生型としてGBU-44 ヴァイパーストライク誘導爆弾を搭載できるMQ-5A/Bも存在するが、将来的にRQ-7 シャドーMQ-1C ウォーリアにより代替される予定である。

スペック[編集]

RQ-5 Hunter (drawing).png
  • 任務: 偵察
  • 製作: TRW、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ
  • 全長: 7m (23ft)
  • 重量: 727 kg (1600lb)
  • 翼幅: 8.9m (29.2ft)
  • 航続距離: 11.6時間、260 km (144ノーティカルマイル)
  • 最高高度: 4600m (15,000ft)
  • ペイロード: 90kg (200lb)
  • エンジン: モト・グッツィ2気筒エンジン、4ストロークエンジン×2

関連項目[編集]