MQ-4C (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MQ-4C トライトン

MQ-4C Triton flight testing.jpg

MQ-4C トライトン(MQ-4C Triton)は、ノースロップ・グラマン社によって開発された無人航空機RQ-4 グローバルホークアメリカ海軍向け洋上監視型。トライトンとはトリートーン英語表記である。

概要[編集]

RQ-4N BAMS(Broad Area Maritime Surveillance:広域洋上監視)の名称で2012年に開発が始まり、2013年5月22日に初号機が初飛行。当初は2015年末の配備を予定していたが開発が遅延し配備開始が2018年になった。最終的には68機を5ヶ所の拠点で運用する予定。アメリカ以外ではオーストラリアドイツが導入を計画している。

有人哨戒機であるP-8 ポセイドンを補完する広域海洋監視を任務とし、MQ-4Cが対象を発見した際にP-8が駆け付けて対処するという運用を想定している。その任務の関係上、ベース機であるRQ-4よりも低い高度で飛行する可能性があるため、機体には構造の強化と氷結や落雷、防錆などの対策が施されているという。また、電子機器もXバンドAESAレーダーAN/ZPY-3 MFAS(Multi-Function Active Sensor:多機能アクティブセンサー)、AIS受信機、ESM受信機など洋上監視に最適化されたものを搭載している。

採用国[編集]

P-8とセットでの運用を想定しているため、P-8を導入した国へ売り込みがかけられているが、P-8単体でも高額であるため、インドなどMQ-4Cは導入しない国もある。逆に単体で購入することも可能であり、ドイツではSIGINT機としての運用を予定している。

配備中

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

2018年からグアムに機体の配備が開始された。
操縦や情報解析などはP-8の統合訓練センターが設置されているジャクソンビル海軍航空基地英語版に新設された無人哨戒機の運用を行う専門部隊第19無人哨戒飛行隊英語版が担当する[1]
2021年5月から2機のMQ-4Cが青森県三沢市米軍三沢基地に約5カ月間配備されることが決定され、うち1機が5月15日に到着した。日本国内においてMQ-4Cが配備・展開されるのは初であり、防衛省はMQ-4Cの一時配備について「周辺国による海洋活動が活発化する中で、海洋監視能力の強化をもたらし、わが国の安全保障にとって有益だ」と評している[2]
予定

オーストラリアの旗 オーストラリア

P-8計画には当初から参加しておりP-8AとMQ-4Cとの混合運用を予定している。

ドイツの旗 ドイツ

ドイツ空軍が頓挫したユーロホークの代用として2025年を目処に導入予定[3]
有人哨戒機を運用するドイツ海軍はP-8ではなくフランス海軍と共同でP-1をベースにした新型機を検討している。

諸元[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Navy aviators set to start controlling unmanned aircraft from Jacksonville” (英語). The Florida Times-Union - Jacksonville. (2018年2月11日). http://www.jacksonville.com/news/20180211/navy-aviators-set-to-start-controlling-unmanned-aircraft-from-jacksonville 
  2. ^ 米海軍無人機、三沢基地に 5カ月間配備、国内初展開”. 産経新聞. 2021年5月15日閲覧。
  3. ^ “Germany to buy Triton drone to replace cancelled Euro Hawk” (英語). Reuters. (2017年3月7日). http://uk.reuters.com/article/uk-germany-northrop-idUKKBN16E149 

参考文献[編集]

  • 『軍用ドローン年鑑』イカロス出版、2016年8月15日。ISBN 9784802201957
  • 井上, 善博「米海軍が広域洋上監視UAVとしてMQ-4Cを開発した意義」『海幹校戦略研究』第10巻第1号、海上自衛隊幹部学校、2020年7月、 190-208頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]