MQ-4C (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MQ-4C トライトン

MQ-4C Triton flight testing.jpg

MQ-4C トライトン(MQ-4C Triton)は、ノースロップ・グラマン社によって開発された無人航空機RQ-4 グローバルホークアメリカ海軍向け洋上監視型。トライトンとはトリートーン英語表記である。

概要[編集]

RQ-4N BAMS(Broad Area Maritime Surveillance:広域洋上監視)の名称で2012年に開発が始まり、2013年5月22日に初号機が初飛行。当初は2015年末の配備を予定していたが、開発の遅れにより未だ運用評価試験の段階にある。現行の計画では2018年に初期作戦能力を達成、最終的に68機を5ヶ所の拠点で運用する予定。アメリカ以外ではオーストラリアも導入を計画している。

有人哨戒機であるP-8 ポセイドンを補完する広域海洋監視を任務とし、MQ-4Cが何かを発見した場合P-8が駆け付けて対処するという運用を想定している。その任務の関係上、ベース機であるRQ-4よりも低い高度で飛行する可能性があるため、機体には構造の強化と氷結や落雷への対策が施されているという。また、電子機器もXバンドAESAレーダーAN/ZPY-3 MFAS(Multi-Function Active Sensor:多機能アクティブセンサー)、AIS受信機、ESM受信機など洋上監視に最適化されたものを搭載している。

諸元[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]