スキャンイーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スキャンイーグル

カタパルトに設置されたスキャンイーグル

カタパルトに設置されたスキャンイーグル

スキャンイーグル(ScanEagle)は、アメリカ合衆国ボーイング・インシツ英語版社が開発した無人航空機(UAV)。

概要[編集]

気象観測マグロ漁船向けの魚群探査用に開発された民間用UAVシースキャン(SeaScan)を軍事用途に転用したものである。機体は無尾翼機で、尾部にエンジンとプロペラを備えた推進式配置。エンジンはガソリンエンジンだが、後にジェット燃料対応型も登場している。機体そのものが人1人で運べるほど軽いことに加え、主翼は取り外して胴体と共に専用のコンテナに収納することができ、可搬性を高めている。センサー機器は機首下面のターレットに搭載し、単一あるいは2基を組み合わせる電子光学センサー、中波長赤外線センサー、電子光学/赤外線センサーなどを任務に応じて選択できる。

発進は圧縮空気を用いたカタパルトで行い、回収にはスカイフックと呼ばれる独自のシステムを使用する。スカイフックは、折り畳み式のアームから地上へ伸ばした2本のケーブルに、機体の主翼端についたフックを引っ掛けるというもので、広いスペースを必要としないため航空母艦以外の艦船からの運用も可能としている。

2014年10月には、改良型のスキャンイーグル2が発表されている。機首のセンサーターレット大型化に伴う機体の大型化、ペイロードの増加、電力供給能力の強化、機内ネットワークのイーサネット化などが行われているが、航続時間は減少している。

運用[編集]

アメリカ海兵隊2004年に、アメリカ海軍がその翌年に運用を開始し、アデン湾における海賊対処任務で使用されている。ただしメーカーに運用を委託して軍がデータを買い取るという形式になっているため、アメリカ軍から正式な形式番号は与えられていない。また、2013年にはFAAがスキャンイーグルに対して民間運用に必要な形式証明を交付しており、石油流出監視や海洋監視といった用途に制限付きながら運用が可能になった。

低コストかつ大掛かりなインフラを必要としないため、海外でも陸海軍問わず広く採用されている。日本でも陸上自衛隊東日本大震災での教訓から試験導入しているが、現時点では本格的な導入への動きは見られない。

また、イランでは領空内に侵入したアメリカ海軍のスキャンイーグルを鹵獲し、デッドコピー機「ヤセール英語版」を生産している。

運用国[編集]

運用国(青)

諸元[編集]

  • 全長:1.55m(電子光学センサー装備時)
  • 全幅:3.11m
  • 自重:13.1kg
  • 最大離陸重量:22kg
  • エンジン:3W 2サイクル単気筒エンジン(1.5馬力)×1
  • 最大速度:148km/h
  • 上昇限度:5,944m(最大)/4,572m(常用)
  • 航続時間:24時間+
  • ペイロード:3.4kg

登場作品[編集]

キャプテン・フィリップス
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦ベインブリッジ」の艦載機として登場。海賊たちが、輸送船「マークス・アラバマ号」の船長を乗せて逃走に使用する救命ボートを発見する。
ザ・ラストシップ
架空のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ネイサン・ジェームズ」の艦載機として登場し、偵察に使用される。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]