アデン湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯12度20分 東経47度20分 / 北緯12.333度 東経47.333度 / 12.333; 47.333

アデン湾(1860年の地図)
地図

アデン湾(アデンわん、Gulf of Aden)は、インド洋の北西側にあり、北はアラビア半島、南はアフリカ大陸ソマリア半島に挟まれた東西に細長い。湾の西側には、バブ・エル・マンデブ海峡を介して紅海が広がっている。東はアラビア海へ繋がる。イエメンジブチソマリアと接している。

範囲[編集]

国際水路機関はアデン湾の境界を以下のように定めている。[1]

  • 北西:紅海の南側境界。すなわちHusn Murad (12°40′N 43°30′E) とRas Siyyan (12°29′N 43°20′E) を結ぶ線。
  • 東:グアルダフィ岬を通る経線 (51°16'E)。

地形[編集]

水深は平均500メートルで、海底は新第三紀にアラビアプレートとアフリカプレートが分離拡大したために生じた。

海底を走る線はプレートの分離を示す断層、インド洋の白い線はオーウェン・フラクチャーゾーンの位置

海賊[編集]

2008年4月に日本郵船タンカー高山」が武装した海賊に攻撃され被弾するという事件が発生するなど、ソマリアの情勢悪化に伴い、近年アデン湾における海賊の被害が多発している。

海賊被害の多発を受け、国連安保理は各国に対して海賊・武装強盗対策のために必要な措置をとることを認める安保理決議1816号を採択した。

2008年11月11日には、イギリス海軍22型フリゲートが海賊に襲われた貨物船の救助に駆けつけ、海賊と交戦する事件があった。

脚注[編集]

  1. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). 2018年1月1日閲覧。

関連項目[編集]

  • ソマリア - 情勢悪化に伴い沿岸海域での海賊被害が激増している。

外部リンク[編集]