ラプテフ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地図
レナ河口に近いティクシ(Tiksi)、2007年

ラプテフ海(ラプテフかい、: Мо́ре Ла́птевых: Laptev Sea)は、北極海の一部でロシアシベリアタイミル半島セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島およびノヴォシビルスク諸島に囲まれた。西はカラ海、東は東シベリア海とつながっている。面積はおよそ672,000 km2

古くはアドルフ・エリク・ノルデンショルドの名をとってノルデンショルド海: мо́ре Норденшельда)と呼ばれていたがロシアの探検家ドミトリー・ヤコヴレヴィッチ・ラプテフ英語版ハリトン・プロコフィエヴィッチ・ラプテフ英語版の名を取って改名された。

8・9月のみ航行可能。水深が浅く平均50mで、北緯76度以南は25mである。9・10月に結氷し始め、5・6月に解氷が始まる。海氷の厚さは2mに達する。ただし、近年の北極海は8-9月を中心に海氷面積が激減しており、その厚さも薄くなっている。そのため、この状況が続けば航行可能期間が長くなると予想されている。北極圏第1の河川エニセイ川に次ぐレナ川が注ぎ、堆積物が巨大な三角州(デルタ)をつくっている。