カーペンタリア湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 南緯13度45分 東経139度00分 / 南緯13.750度 東経139.000度 / -13.750; 139.000

位置
カーペンタリア湾

カーペンタリア湾(カーペンタリアわん、Gulf of Carpentaria)とはオーストラリア北方にある。西はアーネムランド(Arnhem Land)、東はヨーク岬半島に挟まれており、北側はアラフラ海に繋がっている。広く浅い湾であり、北で東西の長さは590㎞、南では675㎞。南北に700㎞である。湾内には西部にグルートアイランド島サーエドワードペリュー諸島、南部にウェルズリー諸島などの島がある。また、注ぎ込んでいる川には、ミッチェル川フリンダーズ川などがある。水深は浅く約60m、最深部でも約80mほどしかない。

気候は暑く湿潤で、4月から11月が乾季。乾燥した東の風が吹く。12月から3月にかけて年間降雨の大部分があり、沿岸部に洪水を引き起こす。 9月と10月に巨大な帯状のが空を横切るモーニング・グローリーMorning Glory cloud)という気象現象が起こる。Burketown地域でよく観察できる。

湾内の湿地帯には、マングローブが繁茂する。2017年には、広い面積で枯死していることが確認されている[1]

歴史[編集]

初めて探検したヨーロッパ人はオランダのWillem Janszoon(Janszとも)で1606年のことである。1623年に仲間のJan Carstenszoonが訪れ、時の東インド会社総督に因んでカーペンタリア湾と名付けた。タスマニア島を発見したアベル・タスマンも2年後の1644年に探検している。

1860年から1861年にかけて、オーストラリア大陸縦断を初めて成功させたバーク・ウィルズ探検隊が内陸側から初めてカーペンタリア湾に達している。ただし、マングローブに覆われた湿地帯を突破できず、塩分を含んだ水と干満の差を確認して撤退している。

脚注[編集]

  1. ^ 豪マングローブ林、7400ヘクタールが枯死 史上最大規模 AFP(2017年3月14日)2017年3月25日閲覧