バレンツ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地図

バレンツ海(バレンツかい、Barents Sea)は、北極海ヨーロッパ側の一部である。北西はスバールバル諸島、北東はゼムリャフランツァヨシファ、東はノヴァヤゼムリャ、南はスカンディナヴィア半島コラ半島を含む)などに囲まれている。最南西部の大湾は白海と呼ばれる。オランダ探検家ウィレム・バレンツにちなんで命名された。東はカラ海、西はノルウェー海に繋がる。

概要[編集]

北極圏にあるが、暖流である北大西洋海流の影響がおよぶ海域に面したロシアムルマンスク(コラ半島)や、ノルウェーヴァードーヴァランゲル半島英語版)は、冬でも海面が凍結しない不凍港である[1]。北部や東部、南部の白海付近などは冬季には氷結する。

1500年代、捕鯨貿易アジアへの北東航路開拓を目的に、オランダやイギリスロシアなどによる航海が行われるようになった。

第二次世界大戦では、援ソ輸送船団の主要な航路として、北極海の戦いの主戦場となった。船団を攻撃するナチス・ドイツ海軍空軍と、連合国護衛部隊との間で激しい戦いが繰り広げられた。

冷戦時代以降も、ソビエト海軍ロシア海軍)の北方艦隊SLBM搭載原子力潜水艦と、それを警戒するNATO諸国の海軍にとって重要な海域となっている。海底には、1988年に事故を起こしたソ連の原潜「コムソモレツ」や、ソ連崩壊後にロシアが海洋投棄した放射性廃棄物が沈んでおり、汚染の懸念がある[2]

2012年日本海洋研究開発機構は、バレンツ海の海氷の分布と日本の気象相関関係に着目、バレンツ海の海氷が少なくメキシコ湾流流軸が北の方向に大きくずれる年は、シベリア高気圧アリューシャン低気圧がそれぞれ発達しやすくなり、日本とユーラシア大陸がそれぞれ厳冬傾向になる可能性を導き出している[3]

石油天然ガスなど海底資源が豊富とされており、後述のとおり40年にわたって係争が続いた。

海域係争[編集]

1970年代よりソビエト連邦(現・ロシア)とノルウェーの間で大陸棚を巡る主張が食い違い、係争状態になっていた。2010年9月15日に係争海域の面積をほぼ二等分する形で境界線を引く「バレンツ海と北氷洋における海域画定と協力に関する条約」に調印し、終止符が打たれた[4]

脚注・参照[編集]

  1. ^ 二宮書店編集部『詳解現代地図』二宮書店2002年ISBN 4817601884
  2. ^ 野口邦和『放射能事件ファイル』(新日本出版社、1998年)
  3. ^ バレンツ海の海氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷化-日本の冬の寒さを説明する新たな知見- 海洋研究開発機構プレスリリース(2012年2月1日
  4. ^ ロシア・ノルウェーが大陸棚海域の画定・協力条約に調印”. 国立国会図書館立法情報. 2017年5月30日閲覧。

関連項目[編集]