ラブラドル海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央に“Labrador Sea”と記されている
ラブラドル海を取り巻く海流

ラブラドル海: Labrador Sea)は、カナダラブラドル半島グリーンランドの間にある海である。北はデービス海峡バフィン湾に、南は大西洋につながっており、大西洋の一部とする考え方もある。中央部の水深は約3kmあり、南西・北西および北東に大陸棚が連なる。冬は流氷により船舶の航行は困難となる。ラブラドル海流が流れている。

ラブラドル海の形成は今から約6100万年前に始まり4000万年前に終わった海洋底拡大によるものと考えられている。氷河時代には北アメリカの氷床から流れ出た大量の氷山が流れ込み、それらが溶解することで溶け出した岩石が現在のラブラドル海の底に岩石層を成している。

執筆の途中です この項目「ラブラドル海」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています