ビスマルク海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビスマルク海

ビスマルク海(ビスマルクかい Bismarck Sea)は、太平洋の南西部のパプアニューギニア近隣にある海域である。名称は、ビスマルク諸島と同じく、ドイツ首相であるオットー・フォン・ビスマルクにちなむ。

南西をニューギニア島に、北から南東にかけてをビスマルク諸島(アドミラルティ諸島ニューアイルランド島ニューブリテン島)に囲まれている。南西のダンピール海峡ヴィティアス海峡英語版を通じて、ソロモン海と結ばれている[1]。広さは東西約700km、南北約350km、最大水深は約2,500m[2]である。沿岸の主な町としてはラバウルマダンなどがある。

第二次世界大戦中の1943年3月3日-4日に、この海域でビスマルク海海戦があった[3]

範囲[編集]

ビスマルク海の島
ウラウン山とロロバウ島

国際水路機関(IHO)はビスマルク海の範囲を以下のように定義している[4]

  • 南西: ニューギニア島の北東の海岸

鉱物資源[編集]

近年のビスマルク海海底の探査により、硫化物亜鉛を含む層が発見された。それらが浅い、穏やかな海に分布しているので、これらの調査結果は非常に重要である。パプアニューギニアは、国際法に基づきこれらの鉱物の採掘の権利を有する[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bismarck Sea”. Encyclopædia Britannica. 2007年7月15日閲覧。
  2. ^ http://www.britannica.com/EBchecked/topic/67058/Bismarck-Sea
  3. ^ Pacific War Maps”. 2007年7月15日閲覧。
  4. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). 2010年2月7日閲覧。
  5. ^ The Mineral Wealth of the Bismarck Sea”. Scientific American Digital. 2007年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 南緯4度 東経148度 / 南緯4度 東経148度 / -4; 148