ティモール海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティモール海
ティモール海

ティモール海(Timor Sea)は、インドネシア東南部、オーストラリア北西方にある海域のこと。名称はティモール島にちなむ。

概要[編集]

インド洋の一部であり、北はティモール島、南はオーストラリアに挟まれている。東はアラフラ海となっている。なお、アラフラ海は太平洋の一部とされている。オーストラリア北岸にはジョセフ・ボナパルト湾ファン・ディーメンズ湾があり、また、港湾都市としてダーウィンもある。

ティモール海の広さは、東西約800km、南北約500kmほどである。深度はティモール島近海が深く3,000mほどになるが、それを除けば、大部分は200m以浅の大陸棚となっている。島は多くなく、海域中央部には少なくアシュモア・カルティエ諸島程度であるが、ティモール島周辺やオーストラリア縁辺には多く、メルヴィル島パサースト島などがある。

海底資源[編集]

この海域においては、石油および天然ガスの埋蔵が知られており、バユ・ウンダンガス田からの生産やグレーターサンライズガス田などの探鉱・開発が行われている[1]。これらの海底資源については、オーストラリア資本を中心に開発が行われてきた。東ティモールが長らく非独立地域であったことと、大陸棚境界の位置の問題により、排他的経済水域の設定には論争があった。このエリアはティモール・ギャップと呼ばれ、2007年2月に両国は領海線を確定せずに、共同石油開発エリアを批准し、海底資源の東ティモール・オーストラリア間の分配を決定した。オーストラリア側では、シェル国際石油開発帝石などがLNGの生産に向けた取り組みを進めている[2]

出典[編集]

  1. ^ “オーストラリア・チモール海共同石油開発地域”. 国際石油開発帝石. (2012--). http://www.inpex.co.jp/business/australia.html 2012年12月19日閲覧。 
  2. ^ “豪LNG開発で最大1.7兆円融資 国際帝石”. 産経BIZ (産経新聞社). (2012年12月19日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/121219/bsd1212190501002-n1.htm 2012年12月19日閲覧。