ワッデン海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 ワッデン海
オランダドイツ
オランダ国内のワッデン海で撮影されたゼニガタアザラシ
オランダ国内のワッデン海で撮影されたゼニガタアザラシ
英名 The Wadden Sea
仏名 La mer des Wadden
面積 1751.7830 ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (8),(9),(10)
登録年 2009年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ワッデン海の位置
使用方法表示
ワッデン海の南西部の衛星写真
ドイツ、ヴィルヘルムスハーフェン付近のワッデン海

ワッデン海(ワッデンかい オランダ語:Waddenzee、フリジア語:Waadsee、低地ザクセン語:Wattensee、ドイツ語:Wattenmeer、デンマーク語:Vadehavet)は、北西ヨーロッパ大陸の一部と北海の間に横たわる水域とそれに関連する海岸の湿原の名前である。

ワッデン海は、南西端のオランダデン・ヘルデルから、ドイツの河口をいくつか越えて、北端のデンマークエスビャウ北部のSkallingenまで、全長約500kmにわたって、約10,000 km²の面積に広がっている。

ワッデン海は、陸と海が絶えずせめぎあうこの地の、干満のある広大な干潟やそれより深い溝そして群島に代表される。その地形は、大部分が激しい潮流によって形成された。

ワッデン海は、豊かな動物相鳥類相そして植物相で知られている。今日、ワッデン海の大部分は、周辺3か国の協力で保護されている。ドイツ国境内の保護地域については、ワッデン海国立公園を参照。1987年5月には約15万ヘクタールラムサール条約登録湿地となった。

オランダ、デンマーク、ドイツ政府は、ワッデン海の保護と保存のため1978年から共に活動している。協力は、政治的問題だけでなく管理、監視、調査に及ぶ。さらに、1982年に、「ワッデン海の保護に関する共同宣言」が、ワッデン海の保護のための対等の活動と方策について合意された。1997年には、「三国間ワッデン海計画」が、採択された。

フリース人の一部は、ワッデン海で伝統的なスポーツすなわち泥歩き(ワドローペン)のレクリエーション、つまり引き潮の海を歩き回ることを習慣的に行う。

島々については、オランダの島の一覧フリースラント諸島デンマーク・ワッデン海諸島の当該項目を参照。

"wad"という語は、干潟というオランダ語であることに留意されたい。

世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ドイツの世界遺産
World Heritage Sites in the Federal Republic of Germany

文化遺産
アーヘン大聖堂 | シュパイアー大聖堂 | ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 | ヴィースの巡礼教会 | ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト | ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル聖堂 | トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母聖堂 | ハンザ同盟都市リューベック | ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 | ロルシュの修道院とアルテンミュンスター | ランメルスベルク鉱山、歴史都市ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム | バンベルク市街 | マウルブロン修道院の建造物群 | クヴェードリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 | フェルクリンゲン製鉄所 | ケルン大聖堂 | ヴァイマルとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 | アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルター記念建造物群 | 古典主義の都ヴァイマル | ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島) | ヴァルトブルク城 | デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国 | 僧院の島ライヒェナウ | エッセンのツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 | ライン渓谷中流上部 | シュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区 | ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像 | ドレスデン・エルベ渓谷 | レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ | ベルリンのモダニズム集合住宅群 | ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園(ポーランドと共有) | ローマ帝国の国境線(イギリスと共有) | アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有) | アルフェルトのファグス工場 | バイロイトの辺境伯歌劇場
自然遺産
メッセル採掘場の化石発掘現場| ワッデン海(オランダと共有)| カルパティア山脈のブナ原生林とドイツの古代ブナ林群(ウクライナ、スロバキアと共有)
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | ドイツの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ドイツの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。