シュレーダー邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 リートフェルトの
シュレーダー邸
オランダ
シュレーダー邸
シュレーダー邸
英名 Rietveld Schröderhuis (Rietveld Schröder House)
仏名 Rietveld Schröderhuis (Maison Schröder de Rietveld)
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2)
登録年 2000年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
シュレーダー邸の位置
使用方法表示

リートフェルトのシュレーダー邸は、オランダユトレヒト市内にあり、1924年に、オランダ人建築家ヘリット・リートフェルトによって設計された住宅である。デ・ステイル建築を代表する作品で、世界遺産に登録されている。

概要[編集]

夫を亡くしたシュレーダー夫人(トゥルース・シュレーダー・シュラーダー)と3人の子供たちのために建てられた。

モンドリアンの抽象画を建築化したかのような外観で、白・灰の面と黒・赤・黄・青の線によって構成されている。これは1917年に発表された「赤と青のいす」の造形原理を発展させたものである。

鉄筋コンクリート造では高価になるため、壁を漆喰塗りの煉瓦造とし、床と屋根は木造である。補助材としてI型鋼とコンクリート(バルコニー部分)が使われている[1]

1階にはスタジオ、書斎、台所、家事室、メイド室がある(リートフェルトは1932年まで1階を借りて仕事場にしていた)。2階は居間、夫人の寝室、息子の部屋、娘2人の部屋があるが、間仕切りは可動式で、移動させると1つの広い部屋として使うことができるようになっている。これは夫人のアイディアによるという[2]

シュレーダー夫人は1985年に亡くなるまで、この邸宅で生活を送った。現在では、Bertus Mulderによって修復が行われ、ミュージアムとして訪問者のために開放されている。

2000年に、建築分野の現代の運動の証の1つとして見なされ、ユネスコ世界遺産に登録された。

日本語資料[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 山縣、p42。
  2. ^ 山縣、p42。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

外部リンク[編集]