バンベルク市街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 バンベルク市街
ドイツ
大聖堂(司教座)
大聖堂(司教座)
英名 Town of Bamberg
仏名 Ville de Bamberg
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 1993年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ここでいうバンベルク市街は、1993年ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されたドイツバイエルン州バンベルク市の旧市街を指す。

背景[編集]

旧市街が世界遺産に登録された理由は、第二次世界大戦期に実質的に被害を受けることがなく、中世の景観が維持されているドイツでは稀な地域という点にある。2005年に市は、世界遺産としての保全活動を支援するために、文献情報センターを設立した。

主な景観[編集]

バンベルク大聖堂[編集]

詳細はバンベルク大聖堂を参照

この大聖堂は4つの尖塔をともなう後期ロマネスク様式の建造物である。大聖堂は長さ約94m、幅28m、高さ26mで、尖塔の高さはいずれも約81mである。

1004年神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世によって最初の造営がなされ、1012年5月6日に献堂された。1081年に火災によって一部が損壊したあと、バンベルクの聖オットー (Otto of Bamberg) によって新たな大聖堂が建造され、1111年に献堂された。現存する後期ロマネスク様式の大聖堂は、その後の13世紀に完成したものである。

収蔵されている数ある美術作品の中では、まずはこの教会の建立者である皇帝ハインリヒ2世とその妻クニグンデ皇后の壮麗な大理石の墓を挙げておこう。これは、1499年から1513年に彫刻家ティルマン・リーメンシュナイダーが彫り上げたもので、彼の代表作と見なされている。

他の大聖堂の宝物には、バンベルクの騎馬像germ.Der Bamberger Reiter)として知られる彫像がある。おそらくコンラート3世の時期に属するこの彫像は、ほぼ間違いなく1200年頃のものである。

また、大聖堂には ローマ教皇クレメンス2世の墓もある。

旧宮殿[編集]

絵画的な美しさを持つ旧宮殿 (Alte Hofhaltung) は、1591年にバンベルク伯の旧邸宅の敷地に建てられたもので、以降新宮殿が建てられるまでの司教の居館になった。

新宮殿[編集]

新宮殿(Neue Residenz, 1698年 - 1704年)は、当初は司教領主 (Prince-Bishop) によって、 1864年から1867年までは元ギリシャ王オソン1世によって、それぞれ領有されていた。その壮麗な薔薇園 (Rosengarten) は、素晴らしい見晴らしを提供してくれる。

アルテンブルク城[編集]

城はバンベルクの7つの丘のうち最も高い丘(386m)に位置している。1251年から1553年の間、この城はバンベルク司教の宮殿であった。1553年にブランデンブルク辺境伯 アルベルトに破壊され、以後はわずかな修繕がなされたあと監獄としてのみ使用され、次第に荒廃していった。

1801年にA.F.マルクス博士が城を買い上げ、それを完全に修復した。彼の友人で有名なドイツ人作家E.T.A.ホフマンはこの城に強い感銘を受け、暫くそこで暮らした。次の所有者、アントン・フォン・グライフェンシュタインは1818年に城郭保護協会を設立した。この団体は今も城のすべてを維持している。

その他の名所[編集]

旧市庁舎。橋の上に建っていることがよく分かる

他の特筆すべき教会には11世紀ロマネスク様式バシリカ式教会堂であるヤコブ教会(Jakobskirche)、聖マルティン教会(St Martinskirche)、今は本来の純粋なゴシック様式に修復されている1320年から1387年に建造されたマリア教会(Marienkirche ; オーベレ・プファル教会 Obere Pfarrkirche)などがある。また、ミヒャエルスベルクにある復元された12世紀ロマネスク様式のミヒャエル修道院教会は、かつては1803年に世俗化されたベネディクト会修道院の付属教会だったもので、現在は救貧院、博物館、市営のギャラリーを含んでいる。

下町につながる橋のなかで最も興味深い橋は、1455年に完成したオーベレ・ブリュッケである。この橋の中ほどの人工島の上に、1744年から1756年に再建された(旧)市庁舎 (Rathaus) が建っている。

かつてのイエズス会コレジオである王立Lyceumには、特筆すべきコレクションと30万冊に及ぶ王家の蔵書が所蔵されている。

街の中の文化財で特筆に価するのはマクシミリアンの噴水1880年)である。この噴水にはバイエルン王マクシミリアン1世、皇帝ハインリヒ2世夫妻、皇帝コンラート3世、バンベルク司教の聖オットーらの彫像が附属している。

また、レグニッツ川沿いには「小ヴェネツィア」と呼ばれる、19世紀以降の趣深い漁師たちの住宅が立ち並ぶ一画がある。

世界遺産基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]