フィンランド湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
[地図上] バルト海とフィンランド湾
[地図下] フィンランド湾
北のフィンランド、南のエストニア、東のロシアにはさまれている

フィンランド湾(フィンランドわん、: Финский залив: Suomenlahtiエストニア語: Soome lahtスウェーデン語: Finska viken)は、バルト海東部にあるフィンランドロシアエストニアに囲まれた東西約400kmの細長いである。

この湾に面する主要都市は、北岸にフィンランドの首都ヘルシンキ、南岸にエストニアの首都タリン、湾の東奥にロシアのサンクトペテルブルクがある。

西方向に開けた湾で、面積約3万平方km[1]、平均水深40mほどで、冬には結氷する。ヴォルガ・バルト水路によりラドガ湖ヴォルガ川などと結ばれている。コトリン島をはじめ、大小多くの島がある多島海である。

歴史[編集]

フィンランド湾、湾の周辺の青色部は湖沼

フィンランド湾は約4,000年前にリットリナ海英語版の一部として、原型が形成されたとされている [2][3]

近世には、ロシア帝国スウェーデン制海権の争奪戦が行われた。主な海戦は、ハンゲの海戦スヴェンスクスンドの海戦などである。ロシア帝国の時代、サンクトペテルブルクはロシアの首都であった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]