シブヤン海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シブヤン海はロンブロン諸島(図中の赤い島々)を囲む海域
シブヤン島

シブヤン海英語:Sibuyan Sea)は、フィリピン海の一部に含まれる[1]フィリピン中央部にある小さな海域で、フィリピン北部のルソン島およびその周辺島嶼と、フィリピン中部のビサヤ諸島とを分けている海である。

南はパナイ島、西はミンドロ島、東はマスバテ島、北はルソン島のビコル半島英語版に囲まれている。シブヤン海中央部にはロンブロン島タブラス島シブヤン島などからなるロンブロン諸島が浮かび、ロンブロン州を形成している。

シブヤン海海戦[編集]

太平洋戦争中の1944年10月24日、フィリピン奪還を目指しレイテ島に迫るアメリカ軍とこれを阻止する日本軍の間で行われた決戦、レイテ沖海戦(比島沖海戦)の緒戦で、ブルネイからレイテに向かう日本艦隊とフィリピン諸島内に展開したアメリカ艦隊が最初にこの海域で衝突した。これをシブヤン海海戦という。

戦艦武蔵はこの時シブヤン海に沈没したが、正確な沈没位置などは分かっていなかった。沈没からおよそ70年後の2015年3月3日、マイクロソフトの共同創業者であるポール・アレンは、自らが率いる海洋調査プロジェクトがシブヤン海の水深1000mの海底にて武蔵の船体を発見したとTwitter上で発表し、2枚の写真を投稿した[2][3][4][5][6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Limits of Oceans and Seas 3rd EDITION(1953) (PDF)”. IHO. 2016年1月2日閲覧。
  2. ^ 『戦艦武蔵』、比海底で発見か=米資産家、ツイッターに投稿 時事通信(2015年4月2日のオリジナルよりアーカイブ)、2015年3月3日19時38分配信。
  3. ^ 戦艦武蔵:船体発見か 米資産家、比シブヤン海で 毎日新聞(2015年3月3日のオリジナルよりアーカイブ)、2015年3月3日配信。
  4. ^ 戦艦「武蔵」、海底で見つかる MS創業者ポール・アレン氏が報告”. ITmediaニュース (2015年3月3日). 2016年1月2日閲覧。
  5. ^ 「[緊急企画] 海底の戦艦「武蔵」発見」、『MC☆あくしず』第36号、イカロス出版2015年5月1日、 111頁。
  6. ^ 「戦艦「武蔵」発見! シブヤン海に眠る巨艦」、『世界の艦船』第816号、海人社2015年3月25日、 66-67頁。

関連項目[編集]