フォックス湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォックス湾

フォックス湾 (Foxe Basin) はハドソン湾の北にあり、バフィン島メルヴィル半島との間の浅い海域。水深はほとんどが100m以浅である。一年の大部分の期間フォックス湾は氷に閉ざされる。湾の名称は探検家ルーク・フォックスにちなんだものである。湾内の主な島としてはプリンスチャールズ島がある。

この海域の栄養分が豊富な冷たい海水は植物プランクトンの繁殖に都合が良い。夏、ホッキョククジラがフォックス湾北部にやってくるほか、イッカクシロイルカ、多数のアザラシも見られる。湾内の多数の島は水鳥の生息地となっている。近年は、温暖化による海水温上昇の影響からか、流氷の量と凍結時間が減っており、たとえばザトウクジラミンククジラシャチなどがハドソン湾とその水系により進出してきている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Higdon W.J., Ferguson H.S., 2011 Reports of Humpback and Minke Whales in the Hudson Bay Region, Eastern Canadian Arctic. Northeastern Naturalist 18(3):370-377. BioOne Online Journals.

外部リンク[編集]