ステウンス・クリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 ステウンス・クリント
デンマーク
ステウンス・クリントの景観
ステウンス・クリントの景観
英名 Stevns Klint
仏名 Stevns Klint
面積 50 ha (緩衝地帯 4,136 ha)
登録区分 自然遺産
IUCN分類 Unassigned
登録基準 (8)
登録年 2014年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ステウンス・クリントの位置(デンマーク内)
ステウンス・クリント
使用方法表示

ステウンス・クリント(Stevns Klint, ステウンス断崖[1])はデンマークシェラン島にある白亜質の断崖である。地質時代区分のダニアン期の模式地の一つとなっている[2]。海岸沿いの 14.5 km[3]ないし15 km[4]にわたる断崖であり、度重なる浸食によって40 m 以上の高さになった[5]。デンマークの首都コペンハーゲンの南方45 km に位置するこの断崖は[3]スカンジナビア半島南ヨーロッパ、アフリカを行き来する渡り鳥の通り道としての重要性、希少生物の生息地としての重要性、さらには軍事史上の文化的価値を有する場所であるとともに[6]、世界でもK-Pg境界が特によく露出した場所の一つという地質学的重要性を持つ[7]。その地質学的価値が認められ、2014年UNESCO世界遺産リストに登録された。

スティーブンス・クリント等と表記されることもある。

地質学[編集]

ステウンス・クリントは、マーストリヒチアン期(7200万年前 - 6600万年前)の最上層からダニアン期(6600万年前 - 6200万年前)の最下層が露出している[8]イリジウムを含む数センチメートルの黒色粘土岩層が、K-Pg境界を明瞭に示している[5]。K-Pg境界は恐竜絶滅の原因ともいわれるチクシュルーブ・クレーターを形成した隕石チクシュルーブ衝突体)衝突の痕跡と考えられており、同クレーターが海中にあるのに対し、ステウンス・クリントはその観察が容易であるため、地球史の解明への貢献も大きかった[9]。その時期の化石も多く出土しており、K-Pg境界における大量絶滅前後の生態系の研究にも貢献している[10]。ステウンスの地層群は1953年に建てられた冷戦期の要塞のトンネル(後述)の中でも見ることができる。断崖の外肛動物を含む白亜は、通常兵器と核兵器の双方に対して高い耐衝撃性を備えている[11]

世界遺産[編集]

デンマーク当局は2013年に推薦した。世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合 (IUCN) は「登録」を勧告し[12]、2014年の第38回世界遺産委員会で正式登録された[13]。同じ年に申請されていたワッデン海ドイツオランダの世界遺産として2009年に登録)のデンマーク側への拡大も認められたため[14]、デンマークは世界遺産リスト登録件数を2件増やして6件とした。デンマークの世界遺産登録は2004年のイルリサット・アイスフィヨルド以来のことである。

登録名[編集]

世界遺産としての登録名は英語登録名、仏語登録名ともデンマーク語をそのまま使った Stevns Klint である。その日本語表記は以下のように揺れがある。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。
    • 世界遺産委員会はこの基準の適用理由として、「この資産は約6700万年前の白亜紀末に起こったチクシュルーブ隕石の衝突の、地球規模で傑出した代表例を提示している」、「ステウンス・クリントは科学、とりわけK-Pg境界の明確化と説明に関する科学への過去、現在、未来の貢献の点で、高度の重要性を有する」[19]等と説明した。

沿岸の建造物[編集]

旧 Højerup 教会

2008年にステウンスの要塞が冷戦博物館として一般公開された。博物館の特色は軍備の大規模な展示と、要塞地下施設での1時間半ほどのガイド・ツアーである。地下施設には1.6 km のトンネル群、居住区、司令部などがあり、病院や礼拝堂も備わっている。また、15センチ砲2門のための補給廠2棟も残る。トンネル群は地下18 m から20 m の深さで、ステウンスの白亜層に穿たれている。最高機密であったこの要塞は1953年に建造されたもので、2000年まで実際に稼動していた[20]

ステウンスの断崖の上には、西暦1200年に遡る旧 Højerup 教会 (Højerup Gamle Kirke) が建っている。この教会からの階段を通って崖に行くことも出来る。この教会には浸食の結果、断崖が迫り、1928年の地すべりでは内陣が崩壊し、崖下に転落した。これにかわる新しい教会 (Højerup Kirke) は1913年に崖から300 m のところに建てられた[21]

脚注[編集]

  1. ^ 『世界全地図ライブアトラス』講談社、1992年、p.100
  2. ^ 地質図―地質用語(TS素案:2008)」(『地質調査総合センター研究資料集』no. 486)p.11
  3. ^ a b c 古田 & 古田 2014, p. 126
  4. ^ IUCN 2014, p. 55
  5. ^ a b Stevns Klint” (Danish). Den Store Danske. 2014年6月23日閲覧。
  6. ^ IUCN 2014, p. 56
  7. ^ IUCN 2014, pp. 55-56
  8. ^ Surlyk F, Damholt T. & Bjerager M. (2006年). “Stevns Klint, Denmark: Uppermost Maastrichtian chalk, Cretaceous-Tertiary boundary, and lower Danian bryozoan mound complex”. Bulletin of the Geological Society of Denmark 54: 1-48. http://2dgf.dk/xpdf/bull54.pdf. 
  9. ^ a b 日本ユネスコ協会連盟 2014, p. 25
  10. ^ IUCN 2014, p. 59
  11. ^ Cliff Stevns Klint(Rotary Danmark)
  12. ^ IUCN 2014, p. 60
  13. ^ Six new sites inscribed on World Heritage List”. UNESCO. 2014年6月23日閲覧。
  14. ^ 日本ユネスコ協会連盟 2014, p. 29
  15. ^ 地球の歩き方編集室『地球の歩き方 北欧 2015-2016年』ダイヤモンド・ビッグ社、2015年、p.44
  16. ^ 『今がわかる時代がわかる世界地図2015年』成美堂出版、2015年、p.143
  17. ^ 『なるほど知図帳・世界2015』昭文社、2015年、p.132
  18. ^ 『すべてがわかる世界遺産大事典〈下〉』マイナビ出版、2016年
  19. ^ World Heritage Centre 2014より翻訳の上、引用。
  20. ^ Stevensfort Cold War Museum”. Kalklanded. 2014年6月23日閲覧。
  21. ^ Højerup” (Danish). Den Store Danske. 2014年6月24日閲覧。

参考文献[編集]

座標: 北緯55度16分2秒 東経12度25分24秒 / 北緯55.26722度 東経12.42333度 / 55.26722; 12.42333