双胴機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

双胴機そうどうき、Twin-boom aircraft)とは、水平尾翼垂直尾翼が二つの胴体の後端に取り付けられている航空機(一般には特に飛行機)のこと。もしくは、一つの胴体の両側に取り付けられた主翼またはエンジンナセルから張り出した部分に水平・垂直尾翼が取り付けられているものを指す。

こうした構成が選ばれる理由は、

  • 貨物室の扉を胴体後部に設置できるため。(例:C-82C-119ノール ノラトラIAI アラバ
  • 推進式プロペラ機またはジェット機において、エンジンを胴体後部に直接配置できるため。(例:XP-52バンパイア
  • 後方を射撃する際に視界を妨げないため。(例:Fw 189
  • 既に存在する機体を並列に連結したため。(搭乗者席増加:複数操縦者ならば交代で操縦でき、長時間の飛行でも疲労が防げる。レーダー員やナビゲーターを乗せれば操縦者の負担軽減と精密・複雑な任務を遂行できる。)(例:F-82He 111ZMe 609
  • 初期の直列(V・逆V)エンジンと付随する長大なターボチャージャーを、空気力学的に最も効果的/実用的に配置するため。(例:P-38 ライトニング

この他機体中央下部に物体を吊すことが出来るため、空中発射ロケットの母機として用いられる(モデル351 ロック)。

ルータン ボイジャーグローバルフライヤーなど双胴機の中央に胴体を追加した三胴機も存在する。

双胴機の例[編集]

関連項目[編集]