K-7 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Kalinin K-7
Kalinin K-7 のクルーたち(1933年)
飛行中の Kalinin K-7 (1933年)
搭載されたミクーリン AM-34エンジン

K-7(カリーニン7;ロシア語:К-7カー・スィェーミ)は、1930年代ソ連カリーニン設計局で試作された大型航空機である。爆撃機または民間旅客機としての使用を計画し、民間輸送機として使うときは巨大で厚い主翼の中に120人の乗客を乗せるという計画であった。別名は、「重たいK(カリーニン)」こと「カー・チャジョールィイ」(К-тяжелыйカー・チジョールィイ)。

概要[編集]

53mの翼幅の主翼の厚さは2.33 mもあり乗客は翼の中に収容される。2本のブームで支えられた尾翼をもち、重量を支えるために巨大な4軸の車輪からなる降着装置を備えていた。最初は700馬力級の水冷エンジン6発で開発がスタートしたが、出力不足のため7個目のエンジンが推進式として翼の中央後方に追加された。

1930年から設計が始められ、1933年7月にタキシング試験が行われた。振動に苦しめられたが1933年8月に初飛行した。11月の飛行中に尾翼ブームが破損し墜落して15人の乗員が死亡した。さらに2機の製作が始まったが、1935年に計画は中止された。設計者のコンスタンティン・カリーニン大粛清の犠牲となって1938年に逮捕・処刑されたのに伴い設計局も閉鎖された。

スペック[編集]

  • 全幅: 53.0 m
  • 全長: 28.0 m
  • 翼面積: 454,0 m²
  • アスペクト比: 6.2
  • 空虚重量: 24,400 kg
  • 離陸重量: 38,000 kg
  • エンジン: 水冷V型12気筒エンジン M-34f (各離昇出力550 KW)
  • 最大速度: 234 km/h
  • 巡航速度: 180 km/h
  • 上昇限度: 4,000 m
  • 武装: 7.62 mm機銃ShKAS ×6
  • 爆弾搭載量: 9.000 kg
  • 乗員/乗客:11人/120人

外部リンク[編集]