バルティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴァルティ・エアクラフトVultee Aircraft )は、1931年から1943年まで存在したアメリカ合衆国の航空機メーカーである。1943年、コンソリデーテッド・エアクラフトと合併して、コンヴェアになった。

創業者であるジェラルド・ヴァルティは飛行機設計者で、ダグラス社で働いたのち、ロッキード社にうつり1928年にロッキード社の主任設計者になった。ロッキード社ではシリウスなどを設計した。1929年ロッキード社が破綻したので、1930年にロッキード社を離れて、1931年スチンソン・エアクラフトライカミング (Lycoming Engines) などの航空機メーカーや自動車会社を所有する資本家エレット・コード (Errett Lobban Cord) の援助を受けて新しい会社航空機開発(Airplane Development Corporation)の主任設計者になった。その後1936年に、ヴァルティ航空機製造(Vultee Aircraft Division of the Airplane Manufacturing Corp.)と社名を変更し社長となった。 1938年1月、ヴァルティ夫妻は航空機事故で死亡してしまうが、1940年スチンソン社と合併した会社はヴァルティ(Vultee Aircraft Inc )の名を残した。1943年にコンソリデーティッド・エアクラフトと合併する。

1939年の練習機BT-13 ヴァリアントP-66 ヴァンガードなどが知られている。

主な開発機種[編集]

関連項目[編集]