小林源文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林 源文(こばやし もとふみ、1951年1月28日[1] - )は、日本漫画家イラストレーター福島県生まれ、小学校低学年から東京育ち、東京都在住[1]。戦場劇画の第一人者[2]。『黒騎士物語』『Cat Shit One』などを発表[2]中西立太に師事し、共著の『壮烈!ドイツ機甲軍団』でデビュー[2]。2008年に個人で『GENBUNマガジン』を創刊[2]。出版社カンプグルッペ・ゲンブンを経営[2]

人物[編集]

1951年、警察官の両親の間に生まれる。母は元看護婦で、戦後福島県警婦人警察官第1号となった人物である。父は戦争中帝国陸軍憲兵だったが、終戦後警察官となった。父は問題を起こして警察を辞め、その後の再就職先でもトラブルが絶えず、職を転々としていた。[3]

イラストレーターの中西立太に影響を受けて、絵の世界を目指す。絵の勉強の為に、中西に弟子入りを申し出るが断られる。しかし中西よりはいつでも仕事場に遊びにきて良いとの許可をもらっており、見様見まねと独学で絵の勉強をした。 プロデビューは師と仰ぐ中西先生との共同執筆の『壮烈!ドイツ機甲軍団』であり、小林が24才のときであった。その後、一旦はプロ活動を休止するが、月刊ホビージャパンの連載で人気が確立すると、サラリーマンを退職しプロの漫画家としての活動を開始した。[2]

作風としては、戦争劇画ともいえる作風で、戦争を題材とした劇画を描く漫画家としては第一人者とも呼ばれる。小林自身は元々は漫画家を志していたのではなく、挿絵画家を目指していたこともあり、[2]緻密な画風を得意とし、スクリーントーンは使わず、薄墨による独特のタッチを用いている。

絵へのこだわりが強い為か、昨今才能があるイラストレーターが誰も育ってないと危惧しており、自ら本物の絵描きさんを育てたいという目的で、アートスクールを開講し後進の指導にも努めている。[1]

趣味は小学生以来の映画鑑賞、現在の仕事のベースになっていると本人は認識している。[1]

作品リスト[編集]

劇画[編集]

  • パンツァーフォー!

WW II 初期から終戦にかけてのドイツ軍戦車兵の活躍を描く

  • ソルジャーブルース
国際紛争を未然に防ごうとする国際組織の物語
(オメガシリーズの原型のような作品)
1980年代初頭の国際情勢を反映した内容である。
「パンツァーフォー!」の主人公が「司令」として登場する。

上記2つは黒騎士物語より前に連載されていた。

2003年の新装版ではTOKYO WARSと改名されているが、2008年の新装版ではレイド・オン・トーキョーに戻されている

他にも日本出版社のボムコミックスシリーズのアンソロジー集の中に作品が多数収録されている。

  • パンツァークリーク 1942-1943 (ボム・コミックス)日本出版社/\490

ゲーム関連[編集]

小林作品を原作としたゲーム[編集]

  • 黒騎士物語 Black Knights
1987年に雑誌『新シミュレイター13号小林源文特集号』[4]の付録として発表されたシミュレーション・ゲーム
  • 俺のケツをなめろ! EAST FRONT 1944
1980年代のアナログ・カードゲームブームの際出版された。ブランドは「天下布武かあどげえむ」。カードのイラスト等は『黒騎士物語』から使用されている。

その他の作品[編集]

  • 学研のX図鑑「戦車」でモノクロとカラーイラスト
  • 防衛庁の依頼で「未来の自衛官(タクティカルベスト+暗視ゴーグル)」
  • 集英社学習漫画「世界の歴史」(1990年から2002まで使われた旧作品)の第13巻の「第一次世界大戦」についての最後のページの「おもしろ歴史資料館」の第一次世界大戦時の各国の軍服装備銃器武器兵器のイラスト。

予想イラスト

偽小林源文事件[編集]

1980年代前半に小林の名を騙った人物が起こした「偽小林源文事件」[5]が発生した。当時タミヤニュースの読書投稿欄「声」ではシェパード・ペイン派とフランソワ・バーリンデン派のモデラーの間で激しい論争が繰り返されていた。その投稿者に「小林源文」を名乗る者から仙台中央郵便局の消印がある脅迫状が次々と送りつけられるという事件が発生した。当時は投稿者の氏名と住所が番地まで掲載されており、タミヤ模型では事件を受けて投稿者の住所を市町村名までしか掲載しなくなった。しかし、偽「小林源文」は電話帳等で同じ市町村の同姓の家を調べ、脅迫状を送りつけてきたために、投稿者の住所は都道府県名までしか掲載されなくなった。事件は飛び火し、小林が連載を担当していた『ホビージャパン』誌、『モデルグラフィックス』誌などの投稿者、出版社、小林本人にも及んだ。さらに脅迫状だけでなく、投稿者や小林の名前で勝手に通信販売に申し込むなどの行為に及んだ。

偽手紙の筆跡などから犯人は以前より小林に対して抗議を繰り返していた人物と思われ、小林は彼の名前をあげて警察に相談したが「プライベートな事」として全く取り合ってもらえなかったという。事件は朝日新聞赤報隊事件を契機に言論に対する暴力をテーマにした特集記事で紹介され、世間に広く知られるようになった。そしてその直後、脅迫文が宮内庁や首相官邸にも差し出された事で警察がやっと重い腰をあげ、偽「小林源文」が逮捕され、事件は収まった。犯人は予想通りの人物で彼は仙台市在住の軍事マニアで小林のファンでもあった。

事件の社会的影響は大きく、それまで雑誌読書投稿欄で、投稿者の住所が公開されるのは一般的だったが、以降非公開が原則となった。

また、小林とホビー・ジャパン社との関係がギクシャクしたのもこの事件が原因だと言われているが、小林は「全然違うよ。HJの社長が交代したので話しましょう。HJで最初に『黒騎士物語』大判の本が出たんだ、印税は5%。これは完売した。その後に日本出版で単行本(他社での出版の連絡は当時のHJ編集長に2回伝えた)を出した。これは印税10%だった。出版界では同じタイトルでも版形が違えば出版出来るんだ。当時のHJ社長はこれが気に入らないので、俺に弁護士に訴状を作らせて送らせたんだよ。この社長は正当性に関係なく商売敵に訴状を送って黙らせる手法で、裁判闘争はかなりやってましたね。

…ミニカーとHOゲージの薄い本から初めて、一代で会社を築いた経営者なんで大したもんだと俺は思うね。…俺は著作権専門の弁護士を同行して社長に、著作権は作家そのものにあると証明して頂いて一件落着したんだ。著作権は出版社にあると間違ってる出版社はまだまだあるよ。」と語っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小林源文オフィシャルサイト:ゲンブンワールド 1999年
  2. ^ a b c d e f g 第8回 小林源文 まんてん インタビュー
  3. ^ 小林源文『ゲンブンマガジンVol.001 』 ゲンブンマガジン、2009年1月、ASIN B001P9DA4S
  4. ^ XoD「シミュレイター」(新)総目録
  5. ^ 小林源文『ゲンブンマガジンVol.009』(ゲンブンマガジン)- 『偽小林源文事件の顛末』より。

外部リンク[編集]