サラトフ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラトフ州
ロシア語: Саратовская область
サラトフ州の旗 サラトフ州の紋章
サラトフ州旗 サラトフ州紋章
サラトフ州の位置
公用語 ロシア語
首府 サラトフ
サラトフ州知事 パーヴェル・イパートフ
構成体種別
連邦管区 沿ヴォルガ
経済地区 ヴォルガ
面積
 - 総計

100,830km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率

1,575,000人
26.0人/km2
 :
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://saratov.gov.ru/

サラトフ州サラートフ州ロシア語: Саратовская областьサラータフスカヤ・オーブラスチ)はロシア連邦沿ヴォルガ連邦管区に含まれるオーブラスチ)の一つ。州都はサラトフヨーロッパ・ロシアの東部、ウラル山脈西部に位置する。

概要[編集]

地理[編集]

東ヨーロッパ平原の東南部、ヴォルガ川下流域に位置する。東にカザフスタン共和国、南にはヴォルゴグラード州、西はヴォロネジ州、北はペンザ州サマラ州ウリヤノフスク州オレンブルク州と接する。境界線は約3,500km。

大陸性の気候。夏には30度を越える日が続く。降水は月に12日から15日ほど。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4であった)

歴史[編集]

16世紀以降、サラトフ周辺へのロシア人の入植が始まった。1797年サラトフ県ロシア語版英語版1797年 - 1928年)が設置される。1934年からサラトフ地方1936年12月よりサラトフ州。現在の境界線は1941年に決定されたものである。

現在の州知事ドミートリイ・アヤツコフの任期は2005年4月2日まで。2004年12月末、20人以上のサラトフ州議会の議員が、アヤツコフを次期州知事の候補としないよう、プーチン大統領に請願書を提出した。

産業[編集]

原油天然ガスの採掘、航空機の製造、化学工業、食品加工などが盛ん。

都市[編集]

州都サラトフのほかに、エンゲリスバラコヴォバラショフヴォリスクなど。

その他[編集]

サラートフ州にはロシアの最新型戦略爆撃機であるTu-160を運用するロシア空軍第37航空軍の基地が置かれている。

外部リンク[編集]