カバルダ・バルカル共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カバルダ・バルカル共和国
ロシア語Кабардино-Балкарская Республика
カバルド語Къэбэрдей-Балъкъэр Республикэ
カラチャイ・バルカル語Къабарты-Малкъар Республика
カバルダ・バルカル共和国の旗カバルダ・バルカル共和国の紋章
国旗国章
カバルダ・バルカル共和国の位置
国歌不明
公用語ロシア語カバルド語カラチャイ・バルカル語
首府ナリチク
首長カズベク・ココフ英語版(代行)
構成体種別共和国
連邦管区北カフカース連邦管区
経済地区北カフカース経済地区
面積
 - 総計
国内第78位
12,500km2
人口(2018年)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第59位
865,828人
69人/km2
54.5% : 45.5%
時間帯UTC +3(DST: なし)
モスクワ時間
ISO 3166-2:RURU-KB
番号07
ウェブサイトhttp://president-kbr.ru/
Kabardino Balkaria Republic map.png

カバルダ・バルカル共和国(カバルダ・バルカルきょうわこく、ロシア語: Кабардино-Балкарская Республика, Kabardino-Balkarskaja Respublika)は、ロシア連邦連邦構成主体のひとつ。北カフカスに位置するカフカス系カバルド人テュルク系のバルカル人: Балкарцы)の民族自治共和国で、北カフカース連邦管区に属する。首都はナリチク。面積は12,500km2で、人口は約90万人。

歴史[編集]

1774年7月、キュチュク・カイナルジ条約締結。

1827年ロシア帝国バルカリアロシア語版を併合。

1918年テレク・ソビエト共和国

1921年1月20日山岳自治ソビエト社会主義共和国に併合。9月1日にカバルディン地区が山岳自治ASSRから分割され、カバルディン自治州ロシア語版に組み替えられた。1922年1月16日にはバルカール地区が山岳自治ASSRから分割され、カバルディン自治州と合併してカバルダ・バルカル自治州ロシア語版が成立。

1944年カバルダ・バルカル自治ソビエト社会主義共和国

1989年アブハジア紛争

地理[編集]

大カフカス山脈中最大の17kmに及ぶベゼンギスカヤ壁ロシア語版を擁する。

行政区画[編集]

政治[編集]

政治の最高位は1990年から1992年まではソビエト最高会議議長、1992以降は大統領である。

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+3時間で、夏時間はない。(2011年3月までは、標準時がUTC+3で夏時間がUTC+4、同年3月から2014年10月までは通年UTC+4であった)

住民[編集]

2010年の国勢調査では、カバルダ人57.2%、ロシア人22.5%、バルカル人12.7%、オセット人1.1%、トルコ人1.6%、ウクライナ人0.6%、アルメニア人0.6%、高麗人0.5%、チェチェン人0.2%、その他0.5%。

宗教[編集]

カバルダ・バルカル共和国における宗教人口割合調査(2012年) (Sreda Arena Atlas)[1][2]
イスラーム
  
70.8%
ロシア正教会
  
11.6%
その他のキリスト教
  
4%
土着信仰
  
1.8%
en:Spiritual but not religious無宗教型スピリチュアル
  
5.6%
無神論無宗教
  
4.4%
その他・不明
  
1.8%
カバルダ・バルカルのモスク
カバルダ・バルカルのカトリック教会

2012年に56,900人を対象に実施した面接式調査によると、[1]人口の70.8%がイスラームを信仰しており、11.6%がロシア正教会を信仰している[1]

脚註[編集]

  1. ^ a b c "Arena: Atlas of Religions and Nationalities in Russia". Sreda, 2012.
  2. ^ 2012 Arena Atlas Religion Maps. "Ogonek", № 34 (5243), 27/08/2012. Retrieved 21/04/2017. Archived.

外部リンク[編集]