ヤロスラヴリ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤロスラヴリ州
ロシア語: Ярославская область
ヤロスラヴリ州の旗 ヤロスラヴリ州の紋章
ヤロスラヴリ州旗 ヤロスラヴリ州紋章
ヤロスラヴリ州の位置
公用語 ロシア語
首府 ヤロスラヴリ
ヤロスラヴリ州知事 セルゲイ・ヤストレボフ
構成体種別
連邦管区 中央
経済地区 中央
面積
 - 総計
国内第60位
36,400km2
人口(2002年国勢調査)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第39位
1,367,398人
36.5人/km2
 :
時間帯 UTC +4(DST: なし)モスクワ時間
ISO 3166-2:RU
番号
ウェブサイト http://www.adm.yar.ru/

ヤロスラヴリ州Яросла́вская о́бласть)はロシア中央連邦管区にあるオーブラスチ)のひとつで、トヴェリ州モスクワ州イヴァノヴォ州ヴラジミール州コストロマ州ヴォログダ州が隣接している。モスクワサンクトペテルブルクの両方に近く、州都ヤロスラヴリ幹線道路鉄道及び水路が交差している。

基本データ[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Moscow time zone.svg

この地域は、モスクワ時間帯標準時を使用している。時差はUTC+4時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+3、夏時間がUTC+4であった)

自然[編集]

穏やかな大陸性の気候。冬には雪が降り、夏は短いが暑い。かつて州域全体がモミマツからなる針葉樹林で覆われていたが、現在は多くがカバノキヤマナラシ二次林と農地になっている。沼地もまたかなりの部分を覆っている。

大型の動物は減ってしまったが、クマオオカミキツネヘラジカイノシシなどはまだ生息している。また、多数の野鳥が生息している。ハトニシコクマルガラスズキンガラスミヤマガラスイエスズメシジュウカラなどのが都市でよくみられる。

州内を流れるヴォルガ川へはウーグリチルイビンスクに二つのダムが建設されている。巨大なルイビンスク人造湖ロシア語版英語版が存在する。

鉱物資源は建築資材(砂利粘土など)と泥炭くらいしかないが、鉱泉はいくつか湧いている。

人口[編集]

  • 2002年の国勢調査による人口:
  • 総人口:1,368,000
  • 男性:618,000
  • 女性:750,000
  • 都市人口:1,107,000
  • 農村人口:261,000

市:11、町:13、村:6,024

平均寿命:平均 - 63歳、男性 - 57歳、女性 - 71歳

98%がロシア国民

経済[編集]

  • 総支出(1997年):15,933.1百万ルーブル1)
  • 全企業の年間純利益(1997年):1,227.4百万ルーブル2)
  • 年間税収(1997年):4,781.8百万ルーブル(連邦予算の利子1,999.3百万ルーブルを含む)
  • 失業率:2.4%

1) 大企業および中企業 2) 工業、農業、建設業、運輸

行政区画[編集]

地区[編集]

ヤロスラヴリ州は以下の地区(райо́ны)から成る:

地区(район 中心地
ボリショエ・セロ地区(Большесе́льский ボリショエ・セロ村
ボリソグレープスキー地区(Борисогле́бский ボリソグレープスキー町
ブレイトヴォ地区(Бре́йтовский ブレイトヴォ村
ガヴリロフ=ヤム地区(Гаври́лов-Я́мский ガヴリロフ=ヤム
ダニーロフ地区(Дани́ловский ダニーロフ
リュビーム地区(Люби́мский リュビーム
ムイシキン地区(Мы́шкинский ムイシキン
ネコウス地区(Некоу́зский ノーヴイ・ネコウス町
ネクラソフスコエ地区(Некра́совский ネクラソフスコエ町
ペレスラヴリ地区(Пересла́вский ペレスラヴリ=ザレスキー市※
メーデー地区(Первома́йский プレチーストエ町
ポシェホニエ地区(Пошехо́нский ポシェホニエ
ロストフ地区(Росто́вский ロストフ市※
ルイビンスク地区(Ры́бинский ルイビンスク市※
トゥターエフ地区(Тута́евский トゥターエフ市※
ウーグリチ地区(У́гличский ウーグリチ市※
ヤロスラヴリ地区(Яросла́вский ヤロスラヴリ市※

※地区に属さない州直轄市

都市[編集]

最も古い町はロストフ

13世紀より知られる)モローガロシア語版英語版1940年代ルイビンスク人造湖ロシア語版英語版に沈んだ。

その他の集落[編集]

外部リンク[編集]