ハカス共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハカス共和国
Хакасия Республиказы
Республика Хакасия
ハカス共和国の旗 ハカス共和国の紋章
ハカス共和国国旗 ハカス共和国国章
ハカス共和国の位置
公用語 ロシア語ハカス語
首府 アバカン
政府議長(元首格) ヴィクトル・ジミン英語版
閣僚評議会議長(首相格) (1996年廃止)
構成体種別 共和国
連邦管区 シベリア
経済地区 東シベリア
面積
 - 総計

61,900km2
人口(2017年1月1日推計)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第71位
537,668人
8.7人/km2
70.8% : 29.2%
時間帯 UTC +7(DST: なし)クラスノヤルスク時間
ISO 3166-2:RU RU-KK
番号
ウェブサイト http://www.rhlider.ru

ハカス共和国(ハカスきょうわこく、ハカス語:Хакасия Республиказыロシア語: Республика Хакасия)は、アジア中央部に位置するロシア領内の共和国

概要[編集]

標準時[編集]

Map of Russia - Krasnoyarsk time zone.svg

この地域は、クラスノヤルスク時間帯標準時を使用している。 時差はUTC+7時間で、夏時間はない。 (2011年3月までは標準時がUTC+7で夏時間がUTC+8、同年3月から2014年10月までは通年UTC+8であった。)

歴史[編集]

ハカス人テュルク系ハカス語を話す民族で、キルギス人と近縁関係にある(キルギス人が南西に移住したときに、この地に残ったのがハカス人かもしれない)。 伝統的に彼らはエニセイ川中流域に住む遊牧民族だった。

時代の趨勢に応じ、時の大国であるテュルク(突厥)、ウイグル(回鶻)、モンゴル帝国に服属した。

17世紀にロシアに征服された。

ロシア政府によって強制的に正教に改宗させられた。 1930年10月10日にハカス自治州が設置され、1991年に自治州から共和国になった。

産業[編集]

小麦とうもろこし栽培、畜産、石炭・鉄鉱・貴金属の鉱業、木材工業

資源[編集]

Khakassia republic map.png

石炭、鉄鉱、非鉄金属、希金属(モリブデンなど)、石膏、建築材料

行政地区[編集]

ハカス共和国は、共和国直轄市5都市及び8地区から成る。

住民[編集]

2010年の国勢調査では、ロシア人81.7%、ハカス人12.1%、民族ドイツ人英語版ヴォルガ・ドイツ人)1.1%、ウクライナ人1%、タタール人0.6%、その他0.5%。

出典[編集]

  1. ^ City Population閲覧日:2018年4月29日