ブリヤート共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブリヤート共和国
ロシア語Республика Бурятия
ブリヤート語Буряад Республика
ブリヤート共和国の旗 ブリヤート共和国の紋章
ブリヤート共和国の国旗 ブリヤート共和国の国章
ブリヤート共和国の位置
公用語 ロシア語ブリヤート語
首府 ウラン・ウデ
首長 アレクセイ・ツィデノフロシア語版
首相 (1994年廃止)
構成体種別 共和国
連邦管区 シベリア連邦管区
経済地区 東シベリア経済地区
面積
 - 総計
国内第15位
351,300km2
人口(2002年)
 - 総計
 - 人口密度
 - 都市/地方比率
国内第56位
981,238人
2.8人/km2
59.6% : 40.4%
時間帯 UTC +8(DST: なし)
イルクーツク時間
ISO 3166-2:RU RU-BU
番号 03
ウェブサイト http://egov-buryatia.ru/

ブリヤート共和国(ブリヤートきょうわこく、ロシア語: Республика Бурятияブリヤート語Буряад Республика)は、ロシア連邦を構成する共和国の一つ。東シベリアバイカル湖の南東部に位置する。

概要[編集]

首都はウラン・ウデ(人口38万6700人)。管区はシベリア連邦管区に属する。北にイルクーツク州、東にザバイカリエ地方、南にモンゴル国、西にトゥバ共和国へ接する。

ブリヤート共和国の位置

標準時[編集]

Map of Russia - Irkutsk time zone.svg

この地域は、イルクーツク時間帯標準時を使用している。時差はUTC+8時間で、夏時間はない。(2011年3月までは標準時がUTC+8で夏時間がUTC+9、同年3月から2014年10月までは通年UTC+9であった)

歴史[編集]

元々はモンゴル系のブリヤート人の居住地であり、伝統的な牧畜などが営まれていた。政治的には1206年モンゴル帝国チンギス・ハーンに服属し、以後は各部族が歴代のモンゴル高原の支配者に服属していた。

16世紀になるとと毛皮を求めてバイカル湖から東進してきたロシア帝国の領域に組み込まれた。1666年ウダ川の河畔にできた要塞はベルフネウジンスク(後のウラン・ウデ)と名付けられ、地域の中心となった。1689年との間で締結されたネルチンスク条約により、この地域は正式にロシア領となった。

その後、1917年ロシア革命後には反革命軍がこの地域を制圧し、シベリア出兵により日本が占領した後の1920年には極東共和国の首都がベルフネウジンスクに置かれたが、1922年ソビエト政権の支配下に入り、1923年にはロシア・ソビエト連邦社会主義共和国内のブリヤート・モンゴル・ソビエト社会主義自治共和国となった。1937年にはブリヤート自治ソビエト社会主義共和国となった。

ソビエト末期の1990年10月8日には主権宣言を行い、1991年5月27日には国名を現在のブリヤート共和国に改称した。同年12月25日のソビエト連邦崩壊後にはロシア連邦共和国の構成体となり、1994年には史上初の民選大統領レオニード・ポタポフが選出された。

民族[編集]

教育[編集]

産業[編集]

鉱物資源[編集]

行政区分[編集]

Buryatia02.png
  • ウラン・ウデ市行政区
  • セヴェロバイカリスク市
  • 北バイカル地区
  • ムヤ地区
  • クルムカン地区
  • バウント・エヴェンキ地区
  • バルグジン地区
  • オカ地区
  • 沿バイカル地区
  • ホリンスク地区
  • エラヴノエ地区
  • トゥンカ地区
  • カバンスク地区
  • イヴォルギンスク地区
  • タルバガタイ地区
  • ザイグラエヴォ地区
  • キジンガ地区
  • ザカーメンスク地区
  • ジダ地区
  • セレンガ地区
  • ムホルシビリ地区
  • ビチュラ地区
  • キャフタ地区

関連項目[編集]

外部リンク[編集]