ブリヤート人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モンゴル系民族 > ブリヤート人
ブリヤート人
Буряад
Selenginskie buryaty.jpg
19世紀のセレンギンスク・ブリヤート族。
総人口
約515,000人
居住地域
ロシアの旗 ロシア461,389人
(2010年)
Flag of Buryatia.svg ブリヤート共和国286,839人
(2010年)
Flag of Irkutsk Oblast.svg イルクーツク州73,941人
(2010年)
Flag of Zabaykalsky Krai.svg ザバイカリエ地方77,667人
(2002年)
モンゴル国の旗 モンゴル45,087人
中華人民共和国の旗 中国8,000人
言語
ブリヤート語ロシア語
宗教
チベット仏教
シャーマニズム
正教会
ブリヤート共和国モンゴル国の位置関係。ブリヤート共和国はバイカル湖の東と南を囲むように位置し、モンゴル国の北部に接するロシア連邦を構成する共和国
ブリヤートの伝統的な木造ユルト(ロシア語Yurt:円形移動式テント、モンゴル遊牧民のゲルにあたる)。
撮影:ウラン・ウデの民族博物館

ブリヤート人ブリヤート語: Буряадロシア語: Буряты)は、ロシア連邦モンゴル国中華人民共和国に住むモンゴル系民族。ロシア連邦内の人口は445,175人で、とりわけブリヤート共和国には全人口の約4分の1が居住している。白人であるロシア人による混血が進む(後述)。また、旧ソ連時代、白人であるロシア人らにより男性のみ徴兵の名のもと連れ去られ、残った女性がロシア人と半ば強制的に結婚させられるということも起こっていた。そのため、混血がより進んだ。

概要[編集]

居住地域は、ロシア連邦内ではブリヤート共和国を中心にウスチオルダ・ブリヤート自治管区アガ・ブリヤート自治管区など。そのほかモンゴル国の北部、中華人民共和国内モンゴル自治区ハイラル区近辺(シネヘン)にも居住している。

バイカル湖の東に住む者と、西に住む者とでは、かなりの違いがある。東に住む者は、固有の文化を維持し、ロシア人との混血が進んでいないのに対し、西に住む者は、生活がロシア化され、ロシア人との混血が進んでいる。

ブリヤート人が住むブリヤート共和国の国旗には、モンゴルの国旗にも歴代採用されてきたソヨンボから取った天体を表すシンボルがあったり、ウスチオルダ・ブリヤート自治管区の旗にも、三脚巴argabarと呼ばれる紋章)の周囲に天体のようなものが描かれている。またアガ・ブリヤート自治管区の紋章には、まさに「太陽」が描かれている。

始祖伝承[編集]

モンゴル族の先祖はバイカル湖の周辺で定着し始めてから、草原地帯へ進行したという。ブリヤート人はモンゴル族の一部であるが、『元朝秘史』では「蒼き狼」と「白黄色の牝鹿」がバイカル湖から横断して草原へ移動してモンゴル民族が発足したとする[1][2]


Y染色体ハプログループは、アルタイ系民族を特徴づけるハプログループC2 (Y染色体)が63.9%、次いでウラル系民族を特徴づけるハプログループN (Y染色体)が20.2%である[3]

ギャラリー[編集]

有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小澤重男『元朝秘史(上)』岩波文庫ISBN 978-4-003-34111-7、1997年7月16日
  2. ^ 小澤重男『元朝秘史(下)』岩波文庫、ISBN 978-4-003-34112-4、1997年8月19日
  3. ^ Miroslava Derenko et al. 2005, Contrasting patterns of Y-chromosome variation in South Siberian populations from Baikal and Altai-Sayan regions

外部リンク[編集]