Il-214 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2009年のMAKSに展示されたIl-214の模型

2009年のMAKSに展示されたIl-214の模型

Il-214は、多目的輸送機(MTA)として開発されている中規模の軍用輸送機でロシアの統一航空機製造会社(UAC)とインドのヒンドスタン航空機(HAL)の合弁事業で生産される予定である。両社ともそれぞれ約3億USドルを合弁事業に出資する[1][2]

通常の輸送用途だけでなく空挺兵の降下にも使用できる。2017年の初飛行、2018年の就役が予定される[3]

開発[編集]

貨物室の内部

2009年10月にインドの国防相であるA.K. Antonyがロシアを公式訪問中に正式に共同開発が決まった。インドとロシアの両国の軍隊に向けて生産され、更に友好的な第三国への輸出も含めた契約文書が作成された。関係者によると契約には、スピンオフによりバンガロールのHALの航空機研究と設計センターによって開発される100席クラスの民間航空機仕様も含まれる。インドではHALのカーンプルの輸送機部門で生産する予定である[4]

報道によると生産の分担割合は協議中であるとのことである。ロシアの統一航空機(UAC)とヒンドスタン航空機(HAL)は航空機を開発する為の子会社を設立中である。

2国間の正式な合意文書はモスクワで9月9日の協議で策定された。新会社は資本金が600,70万ドルでまもなく多目的輸送機の開発を始める。HALの会長でマネージング・ディレクター(CMD)のAshok Nayakによるとインドは45機、ロシアは105機を購入予定だという。輸出は民間仕様と軍用両方が予定され、より多く生産が予定される[5]

2012年5月、ヒンドスタン航空機と統一航空機製造会社輸送機、ロシアのパートナーの三者との間でMTAの共同開発のための合弁会社多目的輸送機株式会社設立のための契約を締結した[6]

2012年10月、HALはUACで予備設計契約を締結しモスクワで共同設計作業を開始すると定めた。この作業ではUACの技術者のほか30人のインド人技術者が設計にかかわるという[7]

2015年6月、ロシアがインドに対して設計作業を急ぐよう求めた。加えて、MTAにPS-90A-76を搭載することで合意した[8]

2016年1月11日、イリューシンはインドとのMTA計画を凍結したことが発表された。基本設計は完了済みのためイリューシンでは凍結後もロシアの顧客および輸出用として開発していくという[9]。凍結に陥った原因としてはインドがロシア側の押すPD-14Mの性能に満足せずFADECを装備した完全新規開発のエンジンを搭載しかつ技術移転を望んだこと、ロシアの利害関係者間の内部競合、An-32の寿命延長があるとされている[10][11]

2016年6月27日、イリューシンは自社資金で開発を再開したことを発表した。またPD-14とPS-90Aどちらかのエンジンを搭載し、両方の風洞試験を行うための準備を進めていることを明らかとした[12]

設計[編集]

機体は、高翼式でT型尾翼である。積載量は軍用も民間用も20トン (44,000 lb)で航続距離は2,500kmで速度は870km/hである。要求に応じて空中給油装置の設置も可能である。機内の大きさはIl-76と同規模だが全長は半分である。機内は与圧されており、80名の人員や医療機器の設置も可能である。カーゴランプの長さは、重量のある車輪付きの機器のロールオン/ロールアウトを容易にするため12°の角度で地面に接地する。カーゴランプは2,500kgの負荷に対応する[13]

コックピットは、6基の液晶多機能ディスプレイヘッドアップディスプレイで構成される。乗員は機長、副操縦士、航法士の3名。アビオニクスはオープンアーキテクチャに基づいており、将来の近代化や強化が考慮されている[13]

エンジンは2基のターボファンエンジンを搭載する。当初ロシアは未舗装滑走路への着陸のためターボプロップエンジンを搭載する意向であったが、インドとの摩擦の結果とターボファンエンジンなった経緯がある[14]。またターボファンについても当初PD-14Mを搭載するとしていたが[15]、インドが設計を急ぐよう求めたため2015年にPS-90A-76に変更された。2016年現在はどちらかが搭載されることとなっている。かつてはBR715D-436も検討されていた[16]

現時点で派生型はないが、給油機型や電子妨害型などが構想されている[13]

運用[編集]

採用国[編集]

ロシアの旗 ロシア

ロシア空軍では105機を購入し[5]An-12An-26An-72An-74を置き換える予定である[17]

中止[編集]

インドの旗 インド

インド空軍では、45機を購入しAn-32を置き換える予定であったが[5]、計画の凍結(実質的な中止)によりグローバルな入札に切り替えるとされている[11]

仕様 (予定)[編集]

Il-214

出典: [18]

諸元

性能

  • 最大速度: 870 km/h (541 mph) 470 kn
  • 巡航速度: 810 km/h (503 mph) 437 kn
  • フェリー飛行時航続距離: 7,300 km (4,536 mi) 3,942 nmi
  • 航続距離: 20トンの荷物を搭載して3,250 km (2,019 mi) 1,755 nmi
  • 実用上昇限度: 13,100 m (42,979 ft)
  • 離陸滑走距離: 1,050 m (3,440 ft)
  • 着陸滑走距離: 1,050 m (3,440 ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。
主な軍用輸送機の比較
C-2
日本の旗
C-1
日本の旗
A400M
欧州連合の旗
C-130J
アメリカ合衆国の旗
C-17
アメリカ合衆国の旗
Y-20
中華人民共和国の旗
KC-390
ブラジルの旗
An-178
ウクライナの旗
Il-214
ロシアの旗
画像 Kawasaki XC-2.jpg JASDF Kawasaki C-1 Aoki-1.jpg Airbus A400M EC-404 (8135661129).jpg C-130J 135th AS Maryland ANG in flight.jpg C-17 test sortie.jpg Xian Y-20 at the 2014 Zhuhai Air Show.jpg Embraer-KC-390.jpg Antonov An-178 in military grey colours.jpeg MTS Il214 maks2009.jpg
乗員 3名 5名 3-4名 3-6名 2-4名 3名 2名 3名 2名
全長 43.9m 29.0m 45.1m 29.79m 53.0m 47.0m 33.43m 32.95m 33.2m
全幅 44.4m 30.6m 42.4m 40.41m 51.8m 45.0m 33.94m 28.84 m 30.1m
全高 14.2m 9.99m 14.7m 11.84m 16.8m 15.0m 11.43m 10.14m 10.0m
空虚重量 60.8t 23.320t 76,5t 34.25t 128.1t 100t - 48.5t -
基本離陸重量 120t 39t - 70.305t 263t - - - -
最大離陸重量 141t 45t 136.5t 79.38t 265.35t 220t 81.0t - 68.0t
最大積載量 約30t 8t 37t 19.050t 77.519t 66t 27t 18.0t 20.0t
発動機 CF6-80C2K1F×2 JT8D×2 TP400-D6×4 AE2100-D3×4 F117-PW-100×4 D-30KP-2×4 V2500-E5×2 D-436-148FM×2 PD-14M×2
ターボファン ターボプロップ ターボファン
巡航速度 マッハ0.80
890km/h
(高度12,200m)
マッハ0.65
650km/h
マッハ0.68-0.72
780km/h
マッハ0.65
643km/h
マッハ0.77
830km/h
(高度7,620m)
マッハ0.70
630km/h
(高度8,000m)
マッハ0.80
850km/h
マッハ0.77
825km/h
マッハ0.75
810km/h
航続距離 12t/6,500km 0t/2,400km
6.5t/2,185km
8t/1,500km
0t/8,710km
20t/6,390km
30t/4,540km
0t/6,445km
16.3t/3,150km
0t/9,815km
72t/4,630km
0t/7,800km 13.335t/4,815 km
27t/2,593 km
0t/5,500km
5.0t/4,700km
18.0t/1,000km
0t/7,300km
4.5t/6,000km
20t/3,250km
最短離陸滑走距離 500m 460m 770m 600m 1,000m - - - 1,050m
運用状況 2016年より
運用開始
退役中 現役 実用試験中 開発中

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]