JL-10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JL-10(教練10型)

L-15

L-15

教練10型(JL-10、簡体字:教练10型)は、中華人民共和国の洪都航空工業集団が開発したジェット練習機猟鷹(Liè yīng)の愛称が与えられている。型番は教練のピン音の頭文字(JiaoLian)をとったものである。

概要[編集]

第4世代ジェット戦闘機のパイロット養成に必要となる次期高等練習機として、L-15の名称で開発された。2001年9月に北京で開かれた航空展で研究を進めていることが公表されており、試作初号機は2005年9月23日に完成し、翌年3月13日に初飛行した。

同時期に開発された練習機JL-9JJ-7をベースに開発されたのに対し、本機は新規設計の機体であり、新技術も多く取り入れられている。また、AJT(高等練習機)型とLIFT(戦闘機前段階練習機)型の2種が存在する。

開発はロシアヤコブレフ設計局の協力で行ったため、外見には同局が開発したYak-130との類似点が見られる。AJT型はYak-130と同じ亜音速機であるが、LIFT型はアフターバーナー付きエンジンを搭載し音速突破が可能な超音速ジェット練習機となる。搭載エンジンは当初ロシア製のAI-222K-25Fまたは国産のWS-11が検討されていたが、試作初号機にはDV-2Sが搭載された。2号機からはAI-222K-25が搭載され、6号機でアフターバーナー付きのAI-222K-25Fとなった。

操縦系統は中国製練習機としては初となる4重のデジタル式フライ・バイ・ワイヤが使用され、コックピットにもグラスコックピットHOTAS概念が採用されている。主翼下には4か所のハードポイントがあり、さらに主翼端にも空対空ミサイル用のハードポイントがある。LIFT型ではハードポイントが9か所に増やされ、若干の改修を加えることで軽攻撃機として運用することも可能とされる。さらにLIFT型は火器管制レーダーの搭載も可能とされている。

2013年にJL-10の名称で中国人民解放軍空軍での採用が決定されたが、国産エンジンの搭載が条件とされ、量産型ではエンジンを「岷山」に変更することとなった。ただしこのエンジンは未だ開発途上にあるため、量産型の配備はまだ行われていない模様。

採用国[編集]

中華人民共和国の旗 中国
ザンビアの旗 ザンビア

6機を発注、製造元の洪都航空工業集団にザンビア空軍英語版のパイロットや技術者を含めたチームを派遣して研修プログラムを受けた[1]

ベネズエラの旗 ベネズエラ

24機を発注[2]

諸元[編集]

  • 乗員:2名
  • 全長:12.27 m
  • 全幅:9.48 m
  • 全高:4.84 m
  • 空虚重量:4,500 kg
  • 最大離陸重量:9,800 kg
  • 最大速度:マッハ0.95(AJT型) / マッハ1.4(LIFT型)
  • 航続距離:2,800 km
  • 実用上昇限度:16,000 m
  • エンジン:イーウチェンコ AI-222K-25/AI-222K-25F ターボファン(ドライ時 24.7 kN、F型はA/B時 41.1 kN)×2

参考文献[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]