雲影 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雲影 (無人機)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

雲影(中国語:云影)

ドバイ航空ショー2017での展示

ドバイ航空ショー2017での展示

雲影(中国語:云影、ピン音:Yún yǐng、英語名:AVIC Cloud Shadow)は、ステルス性を有する高高度飛行能力を持つ無人偵察機/攻撃機である。

2016年に中国国際航空宇宙博覧会で初公開された。ISR(情報・監視・偵察)用と攻撃用の二種のバリエーションがある。攻撃用には、翼下に6個のハードポイントを持ち、滑空誘導爆弾、対艦用YJ-9Eミサイル等が携行できる。

地上管制基地からの指示で飛行する。

仕様[編集]

仕様性能[1]
  • 操縦員: 無人
  • エンジン:WP-11C turbojetx1もしくはAEF50E x2機
  • 全長: 9 m (29 ft 6 in)
  • 翼幅: 20 m (65 ft 7 in)
  • 全高: 3.66 m (12 ft 0 in)
  • 空虚重量: 2,300 kg (5,071 lb)
  • 最大離陸重量: 3,200 kg (7,055 lb)
機体の性能
  • 巡航速度:620 km/h (385 mph; 335 kn)
  • 滞空時間:推測値 6時間(WP-11C)、8時間(AEF50Ex2機)[2]
  • 実用上昇限度: 15,000 m (49,000 ft)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ AVIC Cloud Shadow”. Military Factory. Military Factory. 2019年3月17日閲覧。
  2. ^ http://www.eastpendulum.com/la-courtes-pattes-attitude-du-drone-cloud-shadow-se-confirme