J-12 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中華人民共和国の旗 J-12(殲撃十二型、Jian-12、-12)

中国空軍航空博物館に展示されているJ-12

中国空軍航空博物館に展示されているJ-12

J-12(殲撃十二型、Jian-12、-12)は、南昌飛機製造公司が開発した中華人民共和国戦闘機1978年に計画中止となった。

概要[編集]

ベトナム戦争でのMiG-17の活躍を評価した中国は、簡易飛行場からの防空を目的とした軽戦闘機の開発を1969年7月に開始した。また、当時中ソ対立によるJ-7(殲撃七型)の就役の遅れが発生した為、純国産戦闘機として大きく期待され、計画から僅か1年5ヶ月で初飛行した。

しかし性能は不調であった。極端に小型軽量化された設計もさる事ながら、文化大革命の混乱も影響している。技術者の"下放"もさる事ながら、一説によると、エリアルールの採用が資本主義的であると否定されたという。

そのため、文革が終息に向かいつつあった1975年に、そのようなイデオロギー的な干渉から解放されて、あらためて大幅な設計変更がなされ、外翼形状変更、ショックコーン追加などを施した第二次試作機が投入された。しかし、無理な機体サイズの小型化という基本は変わる事なく、依然低性能だった。そのうちにJ-7の量産も目処がつき、J-12は開発続行の意義を失い計画は中止された。製造数は合計4~6機と推定されている。

スペック[編集]

  • 全長:10.30 m
  • 全幅:7.20 m
  • 全高:3.73 m
  • 翼面積:16.0 m2
  • 空虚重量:3,172 kg
  • 最大離陸重量:4,530 kg
  • 最大速度:1,300 km/h
  • エンジン:WP-6ZA/B付きターボジェット(推力2,500 kg) 1基
  • 航続距離:688 km
  • 実用上昇限度:16,970 m
  • 上昇力:10,800 m/min
  • 乗員:1名

外部リンク[編集]