エア・アメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エア・アメリカ
IATA
AAM
ICAO
AAM
コールサイン
AIR AMERICA
運航開始 1950年
運航停止 1976年6月30日
ハブ空港 サイゴン、ビエンチャン、ウドンタニー
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
パイロットの帽子
軽輸送機として使用していたピラタス PC-6

エア・アメリカ: Air Americaラオ語: ສາຍການບິນອາເມລິກາ)は、アメリカ合衆国にあった航空会社である。

中央情報局(CIA)がベトナム戦争時に主にラオス秘密作戦を行うために設立されたフロントカンパニー。CIAの特殊部隊SAD(Special Activities Division)に所属していた。 社訓は”何でも、何時でも、何処へでも、プロフェッショナルに(: Anything, Anytime, Anywhere, Professionally)”

主に麻薬の生産地であるメコン川流域のタイラオスミャンマー黄金の三角地帯にて麻薬や食糧、武器を空輸する活動を行った[1]。また、1964年6月から1967年6月末にかけて、那覇空港 - 沖縄離島(宮古島石垣島)の定期空路を運用していたが、ここが撤退することになったが故に、日本資本の航空会社・南西航空(現在の日本トランスオーシャン航空)が誕生した、といういきさつがある。

一方、麻薬の輸送については、エア・アメリカは積極的に関与しておらず、もっぱら腐敗したラオス王国政府の高官が売買に関与していたともされる[2][3]

イギリスのルポライター、クリストファー・ロビンスによるドキュメンタリー小説の題材にもなり、エア★アメリカとして映画化された。日本語版が新潮社から発売された事がある(ISBN 4102331018)。

歴史[編集]

  • 1950年にエア・アメリカの歴史は開始される。CIAがアジアにおける作戦遂行に空輸が必要だとしたためである。
  • 1950年8月にCIAはCivil Air Transport(CAT)(第二次世界大戦後の中国のエアライン)を買収し、アジアで商業ルートを運航し裏で作戦を遂行した。例えば朝鮮戦争では中国大陸での補給を行った。
  • 1953年4月にはフランスがインドシナにおける支援をアイゼンハワー大統領に要請し、アメリカは同地域の軍事介入を避けるためにCATのパイロットを搭乗させC-119による支援を実施した。
  • 1955年1月にアメリカ政府はUSOM(the United States Operations Mission)をラオスに設立、CATは支援プログラムに組み込まれ、1955年9月には食糧不足に陥ったラオスへの支援としてコメや塩をウドンタニーからC-46_(航空機)により輸送、エアドロップを実施した。
    • CATは200ミッション、25地点へと1000トンのコメを輸送した。これがラオスにおけるCATの最初の支援である。
  • 1959年3月26日にエア・アメリカへと社名を変更した。
  • 1959年8月2名のパイロットを日本に送り、ヘリコプターの操縦をトレーニングした。急峻な山地であるラオス北部でのオペレーションは困難であることから、ヘリコプターの導入が必要とされたためである。
  • 1960年6月にはヘリコプターはエア・アメリカのオペレーションに組み込まれ、H-19による輸送が開始されたが不慣れなため十分な活動が出来なかった。このため4名の海兵隊パイロットが雇用された。また短距離離着航空機(STOL)の導入が進められた。
    • 1960年8月アイゼンハワー大統領は、プレス会見でラオスは複雑な状況にあると説明。内戦が中立派のコンレーと右派のプーミー・ノーサワンとの間で勃発。パテートラオはコンレーを支持、アメリカ軍やCIAはプーミーを支援していた。
  • 1961年3月28日、16UH-34がバンコクからエア・アメリカのウドン基地へと送られ、すぐにPa Dongのモンチームへの支援に使用された。
  • 1961年5月30日初めてのエア・アメリカのヘリパイロット(Charles Mateer Walter Wizbowski)がラオスで死亡した、悪天候に拠るものであった。
    • モン軍が増強されれば、エア・アメリカのラオスでの地位も増強された。モンの散らばった地域にアクセスするために、LairはVictor Sites(後にLima Siteに変更)と呼ぶ滑走路を準備するように指示した。これはエア・アメリカのSTOL機の離着陸に使用された。
  • 1962年7月23日ラオス中立宣言がジュネーブにて調印され、外国軍の撤退と衝突を10月7日までに完了させるとされた。米軍は666名のアドバイザーとスタッフを退去させ、エア・アメリカも兵器のエアドロップを停止させた。CIAは2名のみ共産主義者のモニタリング用に残すことが許された。
    • 1963年にはエア・アメリカの活動は急激に減少し、モンへの食料供給に限定された。月40トンを供給し、エアラインはレイオフを実施した。
    • 1964年3月に戦禍は拡大し、北ベトナム兵とパテートラオはジャール平原を攻撃した。
    • 1965年は、ラオスの秘密戦争と呼ばれる戦闘が開始され年で、エア・アメリカは追撃された米軍パイロットの捜索救助活動に実施するようになる。
    • 1965-1967年にはエア・アメリカは乗組員11名が死亡、うち5名は敵の攻撃によるものであった。
  • 1971年末には北ベトナム軍によるロンチェンへの攻撃が行われた。これによりエア・アメリカは大きな損害を出し12月だけで、24機が対空砲の攻撃に会い、3機が墜落した。12月から翌年4月までに6名の乗組員が死亡した
    • 戦争は南部ラオスでも不利となっており、ボラベン高原では1971年に猛攻撃が行われてた。エア・アメリカは輸送補給を行ったが、同年12月28日には北ベトナム兵はパクソンを占領した。
  • 1973年1月27日、パリ合意によりアメリカ軍の撤退が決定。その翌月、ヴィエンチャンでの停戦合意が行われた。
    • 戦争は最終局面に達していたが、エア・アメリカは引き続き損害を出し1972年4月から1974年6月までに23人の乗組員が死亡した。
  • 1974年6月3日には最後のエア・アメリカ機がラオスからタイに飛び立った。
  • 1976年6月30日には会社は閉鎖された[4]

設備[編集]

エア・アメリカは様々な機体を保有したが、多くは短距離離着航空機(STOL)であった。[5] エア・アメリカは機体を台湾に登録する傾向があった。

機体 [編集]

ヘリコプター[編集]

拠点[編集]

ラオス国内の拠点はビクター・サイツ(Victor Sites、後にリマ・サイツ(Lima Site)に変更)と呼ばれた。 以下のサイトが知られている[6]

Lima Siteのリスト
Airfield Name Site # 緯度 経度 海抜
ムアン・ニャート MUONG NGAT(Muang Ngai) (N) LS01 19.0902 104.0668 1372
サンティアウ SAN TIAU (San Cho)(VI) LS02 19.4717 103.5675 1402
ノン・ヘッド NONG HET (Nong Het) LS03 19.4900 103.9892 1433
(Kiou Kacham (ZI) LS04 19.5858 102.2188 1220
PA DOUNG (Pa Doung) (I) LS05 19.1022 103.1172 1402
PHOU VIENG (Phou Vieng) (U) LS06 19.8000 103.1523 1037
NAM LAN (Nam Lan)  LS07 19.7870 103.6225 1494
KHANG KHAI(Khang Khai) LS08 19.5000 103.2500 1128
LAT HOUANG (Lat Houang) (HL) LS09 19.3865 103.1733 1098
BAN BAN (Ban Ban) LS10 19.6338 103.5570 610
THA THOM (Tha Thom) LS11 18.9763 103.6167 244
PHA KHAO (Ban Pha Khao) (A) [See LS308] LS14 19.0245 103.0198 1189
BAN NA (Ban Na)(UA) LS15 19.3257 102.9558 1540
PHOU FA (Agony)(Phou Fa - Agony) LS16  19.6513 102.8045 1646
NAM CHONG (Nam Chong)   (AN)  LS17  19.3402 102.7565 1235
THA LIN NOI (Tha Lin Noi) LS18  19.4505 103.4072
PHOU KHE (Phou Khe) LS19  19.3087 103.2593 1890
BAN SAN THONG(Samthong) (P) LS20 19.1837 102.8702 1159
ロンチェン LONG TIENG (Long Tieng) [Also LS30&98] LS20A 19.1050 102.9218 991
PHA PEUNG (Pha Peung) LS21 19.1732 103.4427 1768
BAN NA NIO (Muong Om) (I) LS22 18.9553 103.2585 915
HUEI SA AN (Houei Sa An) LS23 19.8335 103.4693 1341
MUONG SAM(Moung Sam) LS24 19.0432 104.2667 396
PHOU CHAI (Phou Chia) Ban Phou Beui [1:50] LS25 19.4260 102.1400 1555
XIENG DAT (Xieng Dat) (K) LS26 19.4095 102.7072 716
HOUEI THOM (Houei Thom) (N) LS27 20.0432 103.6000 1311
BAN  DONE (Ban Done) (T) LS28 18.6758 102.1218 229
BAN SONG (Ban Song) LS29 19.8080 103.7243 1311
LONG TIENG (Long Tieng) [Also LS20A&98] LS30 19.1050 102.9218 991
BAN TINE PHA(Pheng Lieu) LS31 19.8333 103.7708 1220
BOUAM LONG (U) LS32 19.7553 103.3255 1220
SAN PAU KA (San Pa Pha) LS33 19.9675 103.1408 1280
BAN BOUAC (Ban Bouac) LS34 19.2755 103.6532 1341
KHA PHU (Kha Phu)[See Ban Peung LS95] LS35 19.1867 103.5075 1860
(Na Khang) (LI) LS36 19.9727 103.4720 1372
MOUNG PHUN(Moung Phun) (ll) LS37 19.0925 102.7000 1128
"BAN NAM PIT  (Houei Ki Nin) (KY)" LS38 19.4065 102.9195 1006
BAN KHAMI LS39 20.0900 103.8208 168
BAN PHA KA (A) LS40 19.3932 103.5765 1341
NA DAO LS70 19.4167 103.4667 1128
PHOU NONG LS71 19.4758 103.6432 1555
THA TAM BLEUNG(Tong Ta Bleung) (U) LS72 19.2170 102.9840 1707
NAM THANG LS73 19.0922 101.6740 854
(Tham Sone/Tham Sorm) (V) LS74 19.2833 103.5500 1280
SOP HIEN (TF) LS75 18.8242 103.8742 1189
(Pha Bong) LS76 20.3667 103.4333 1402
BAN SONG KHONE(Ban Song Khone) LS77 18.0008 105.1755 549
BAN NA MOUNG (Na Poung) (K) LS78 19.4000 102.6667 762
NAW NUEN (Naw Nuen) LS79 19.3432 101.9500
PHU SANG NAO(Phou Sang Nao) (A) LS80 19.7598 102.9500 1524
BAN THAM TAT (Ban Tham Tat)(E) LS81 19.1252 103.9720 1250
PHU SE BOT T (Phou Sabot) (U) LS82 19.7172 103.7913 1341
BAN NONG DAO(Ban Nong Dao) LS83 18.2012 102.8255 168
BAN KENG SAI (Ban Keng Sai) LS84 20.1003 103.8577 1235
PHU PHA THI (Phou Pha Thi) (Pha Thi) LS85 20.4258 103.7212 1220
HONG NON (Hong Non) LS86 20.3912 103.8847 1341
PHIA KHAM (Pim Khan) (Phia Khan) LS87 20.5240 104.0353 1128
(Boun Loum)  BOUAM LONG [1:50](U) LS88 19.7553 103.3255 1524
BAN VIENG LS89 19.7733 103.7890 1128
TIN BONG (E) LS90 19.1575 102.6262 1524
MUONG TIOUEN(Muong Tiouen) LS91 18.8723 104.3745 396
(Sing Ka) LS92 19.8167 101.1667 1098
(Phou Mieng Mane)(H) LS93 17.6673 101.0745 762
BAN KHA LS94 19.2432 103.6352 1311
BAN PEUNG (Ban Peung) [See Kha Phu LS35] LS95 19.1845 103.5067 1220
PHU MIANG (Phou Mieng Mounge) LS96 17.6673 101.0745 762

 

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]