松田銑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松田銑(まつだ せん、1913年 - 2002年)は、日本の翻訳家編集者岡山県生まれ。東京帝国大学経済学部卒。実家の家業を手伝うが、戦時下、上京して農業関係の団体に就職。横浜正金銀行日本銀行ワシントンD.C.世界銀行メルボルンオーストラリア放送協会、『リーダーズ・ダイジェスト』日本語版編集長などを務め、翻訳家となる。アレックス・ヘイリールーツ』の翻訳で知られる。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • W.G.ウアイト『漂海民族 マウケン族研究』鎌倉書房 1943
  • アメリカ資本主義の趨勢』労働調査協会編 高橋正雄共訳 有斐閣 1952
  • J・K・ガルブレイス『まぼろしの勝利 小説・アメリカ外交』日本経済新聞社 1968
  • ロバート・L.ハイルブローナー『歴史としての未来 現代の歴史的動向とアメリカの進路』ぺりかん社 1970
  • ノーマン・カズンズ『ある編集者のオデッセイ サタデー・レビューとわたし』早川書房 1971 現代ジャーナリズム選書
  • アレックス・ヘイリー『ルーツ』安岡章太郎共訳 社会思想社 1977 のち現代教養文庫 
  • J.K.ガルブレイス『小説アメリカ外交』中央公論社 1979
  • C・W・ニコル『ティキシィ』藁科れい共訳 角川書店 1979 のち文庫 
  • ゴードン・トマス,マックス・モーガン=ウィッツ『エノラ・ゲイ ドキュメント・原爆投下』ティビーエス・ブリタニカ 1980
  • ロバート・L.ハイルブロナー『危機の時代を超えて』日本経済新聞社 1980
  • ノーマン・カズンズ『死の淵からの生還 現代医療の見失っているもの』講談社 1981 
  • オーエン・セラー『ペトログラード行封印列車』文芸春秋 1981
  • C.W.ニコル『冒険家の食卓』角川書店 1981 のち文庫 
  • C.W.ニコル『バーナード・リーチの日時計 青春の世界武者修行』1982 角川選書
  • 『ガルブレイス著作集 9.回想録』ティビーエス・ブリタニカ 1983
  • 『ガルブレイス世界を読む 富と英知の使い方』ティビーエス・ブリタニカ 1984
  • C.W.ニコル著 森山徹撮影『ザ・ウイスキーキャット』講談社 1984 のち文庫
  • ジェフリー・ロード『ネラールの海賊 リチャード・ブレイド・シリーズ』1984 創元推理文庫
  • ノーマン・カズンズ『人間の選択 自伝的覚え書き』1985 角川選書
  • C.W.ニコル『私のニッポン武者修業』1986 角川選書
  • ノーマン・カズンズ『私は自力で心臓病を治した』1986 角川選書 
    • 『生への意欲 続笑いと治癒力』岩波書店・同時代ライブラリー、岩波現代文庫 
  • マーク・ジョーゼフ『原潜ポチョムキン撃沈』1987 新潮文庫
  • P.デラコート『特報!「レバンタイン発」』1987 新潮文庫
  • フィリップ・フィンチ『死の雪山サバイバル』1989 新潮文庫
  • ジェレミー・リフキン『タイムウォーズ 時間意識の第四の革命』早川書房 1989
  • アレックス・ヘイリー『北極星をめざして』社会思想社 1989
  • クリストファー・ロビンズ『エア・アメリカ』1990 新潮文庫
  • ウイリアム&マリリン・モナ・ホッファー『高度41,000フィート燃料ゼロ!』1990 新潮文庫
  • トニー・パーカー『ロシアの声』飛鳥新社 1992
  • アメリア・イヤハート『ラスト・フライト』作品社 1993
  • ジョージ・ギッシング『ヘンリー・ライクロフトの四季随想』河出書房新社 1995
  • モリス・シュヴァルツ『幸福な死のためのわたしの哲学』飛鳥新社 1997
  • モリス・シュワルツ『モリー先生の最終講義 死ぬこと・生きること』飛鳥新社 1998
  • C.W.ニコル『誇り高き日本人でいたい』鈴木扶佐子千葉隆章共訳 アートデイズ 2004

参考[編集]

  • 「生涯現役 翻訳の道 新たな一歩 翻訳家・松田銑さん75」読売新聞、1989年7月9日