高橋正雄 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高橋 正雄
マルクス経済学
生誕 (1901-11-21) 1901年11月21日
日本の旗 日本 宮城県仙台市
死没 (1995-09-10) 1995年9月10日(93歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 九州大学
鹿児島大学
東北学院大学
研究分野 労農派マルクス経済学
母校 東京帝国大学
影響を
受けた人物
土方成美
テンプレートを表示

高橋 正雄(たかはし まさお、1901年11月21日 - 1995年9月10日)は、昭和平成期の日本の経済学者社会運動家

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『世界経済の基礎知識 基礎経済学全集 第10巻』東洋出版社 1934年
  • 『ケインズ貨幣論の研究』南郊社、1936年(惇信堂、1948年)
  • 『社会主義のはなし』黄土社、1946年
  • 『転形期の政治と経済』黄土社 1947年
  • 『生きた経済学』実業教科書 1948年 社会科学新書
  • 『科学的社会主義の立場から』板垣書店 1948年
  • 『戦後経済論 戦後の世界と日本経済』批判社 1948年
  • 『戦後の世界と日本経済』批判社 1948年
  • 『日本経済をどうするか 続生きた経済学』実業教科書 1948年 社会科学新書
  • 『批判的社会主義のために』実業之日本社 1948年
  • 『九原則と日本の経済』惇信堂 1949年 自由人叢書
  • 『ケインズ一般理論の研究』有斐閣、1950年
  • 『私たちの経済』社会教育協会 1951年
  • 『経済学入門』有斐閣、1953年
  • 『経済と産業の話』偕成社 1955年 新百科
  • 『社会主義をどう見るか』実業之日本社 1956年
  • 『アメリカ拝見』1959年 角川新書
  • 『資本主義は変ったか』有紀書房 1962年
  • 『日本資本主義入門』有紀書房 1963年
  • 『マルクスとケインズとの対話 現代の資本主義と社会主義』講談社ミリオンブックス、1963年 のち月刊ペン社
  • 『現代の煩悶 社会主義の現実から何を学ぶか』番町書房、1966年
  • 『社会主義を考える』太陽出版 1970年
  • 『わたしの造反』読売新聞社、1970年
  • 『経済学と日本経済』自由書房 1972年
  • 『資本論と経済学』日本評論社 1974年
  • 『ニッポン動物園の政治図絵 保革伯仲をどう考える』月刊ペン社 1975年
  • 『新・わたしの造反』太陽書林 1978年
  • 『続・マルクスとケインズの対話』月刊ペン社 1978年
  • 『八方破れ・私の社会主義』ティビーエス・ブリタニカ 1980年 私の現代史シリーズ
  • 『社会党の秘密 果して回生の時はあるか!』潮文社 1981年
  • 『経済学はダメになったか 原点に立ち還って考える』潮文社 1982年
  • チトーと語る』恒文社 1982年
  • 『共産党の秘密 ここにどんな自由があるか』潮文社 1984年
  • 『マルクスと語る』恒文社 1984年
  • 『私の社会主義』本音を語る会 1986年 本音文庫
  • レーガンゴルバチョフの対話』日本評論社事業出版部 1987年
  • 『マルクスとケインズとの対話 資本論と一般理論の研究』恒文社 1988年
  • 『二十世紀の群像 高橋正雄の証言』高橋正雄先生米寿記念刊行会編 第一書林 1989年
  • サムエルソン経済学の研究』勁草書房 1994年

共編著[編集]

  • 『世界経済統計図表』有沢広巳共著「経済学全集 第34巻 上」改造社 1931年
  • 『日本の革命を語る』山川均向坂逸郎共著 板垣書店 1948年
  • 『変わりゆく筑豊 石炭問題の解明』編 光文館 1962年
  • 『近代日本産業史』今津健治共著 講談社 1967年
  • 『恐慌はくるか』編 読売新聞社 1971年
  • 『現代にとって社会主義とは』正村公宏共編 日本評論社 1971年

翻訳[編集]

  • アールフレド・アモン『リカアド その学説と批評』阿部勇共訳 明善社 1928年
  • 『アメリカ資本主義の趨勢』労働調査協会編 松田銑共訳 有斐閣 1952年
  • ウラジミール・デディエ『チトーは語る』河出書房 1953年
  • ユルゲン・クチンスキー『ドイツ経済史 1800年-1946年』中内通明共訳 有斐閣 1954年
  • ポール・K.クロッサー『経済における政府の役割 アメリカ国家資本主義論』論争社 1961年 ぺりかん・しんしょ
  • P.ラマディエ『社会党と政権 フランスの経験と反省』大羽奎介共訳 ダイヤモンド社 1963年
  • ロバート・L.ヘイルブロンナー『偉大なる上昇 低開発国の経済発展』時事通信社・時事新書 1966年
  • エンゲルス『空想から科学へ いかに読むべきか』社会思想社・現代教養文庫 1967年
  • ウィリー・ブラント『抵抗 レジスタンス』読売新聞社 1972年
  • ILO 編『ユーゴスラビアの企業における労働者自主管理制度 社会主義と民主主義』高屋定国共訳 至誠堂 1974年
  • ウォルフガング・レオンハルト『戦慄の共産主義 ソ連・東独からの脱出』渡辺文太郎共訳 月刊ペン社 1975年
  • ウォルフガング・レオンハルト『岐路に立つ共産主義』渡辺文太郎共訳 読売新聞社 1977年
  • オタ・シク『クレムリン 官僚支配の実態』渡辺文太郎共訳 時事通信社 1978年
  • ウォルフガング・レオンハルト『ソ連にも革命が?』渡辺文太郎共訳 恒文社 1981年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース