KJ-500 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

KJ-500

KJ-500

KJ-500

KJ-500空警-500、ピンイン:Kōngjǐng Wǔbǎi、「航空警報500」の意味)は、中国人民解放軍空軍が使用する第3世代の早期警戒管制機(AEW&C)である。陝西飛機工業公司 が製造したもので[2]Y-9機体をベースにしている。

開発[編集]

21世紀に入り、航空機搭載レーダーの探知範囲や精度が向上し、各種空対空ミサイルや低高度巡航ミサイルを搭載した 戦闘機の性能が向上し続けていることから、より高性能な AEW&C が求められている。このような課題に対応するため、中国は2000年代後半から 3番目のAEW&Cである KJ-500の開発に着手した。

KJ-500には、良好な探知能力、良好な識別能力、迅速な応答性の3つの重要な特徴が求められていた。KJ-500はまた、情報化された戦闘システムの中核部隊としても必要とされ、その装備技術として、ネットワーク、多機能性、高度な統合、軽量性の4つの主要な特徴を持っている[3]

本機は、360度をカバーする3つのAESAレーダーアレイを搭載した固定式背面レーダーを搭載しており、旧型のKJ-200に採用されていた2つの平面的な「バランスビーム」アレイよりも効率が良いとされる。旧型のAEW&C型の生産は、2018年にKJ-500が完全な作戦能力に達したことを受けて中止されたと報告されている。

運用[編集]

中華人民共和国の旗 中華人民共和国

仕様[編集]

KJ-500の限定的な性能パラメータは、以下の通り公開されている[4]

  • 最高速度:550km/h
  • 航続距離:5700km
  • 対空時間:12h
  • 最大離陸重量:77トン
  • 戦闘機サイズの目標の探知距離:470km[5]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.sohu.com/a/218945883_614127
  2. ^ “空警-500:中国预警机家族新明星” (中国語). Xinhua. (2015年10月31日). http://www.xinhuanet.com/science/2015-10/31/c_134767341.htm 2018年7月30日閲覧。 
  3. ^ Technology characteristics of the 3rd generation early warning aircraft and its electronic reconnaissance system,ZHEN JunYi, China Academy of Electronics and Science,Beijing 100041,China
  4. ^ “Expert: KJ-500 improves China's overall military power”. China Military Online. (2016年2月16日). http://english.chinamil.com.cn/news-channels/pla-daily-commentary/2016-02/16/content_6913601.htm 2018年7月30日閲覧。 
  5. ^ Lei, zhao (2015年9月4日). “PLA deploys advanced jets to boost electronic capability”. China Daily. http://www.chinadaily.com.cn/world/2015victoryanniv/2015-09/04/content_21787298.htm 2018年7月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]