ミリタリー・モーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミリタリー・モーターズ
ジャンル リアリティ番組
自動車番組
出演者 ミヒャエル・マヌザキス
国・地域 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
シーズン数 7(ドイツ)
6(日本)
話数 73話(ドイツ)
各話の長さ 60分
製作
制作 spin tvドイツ語版
DMAXドイツ語版
放送
放送局 ディスカバリーチャンネル
放送期間 2014年9月 - 放送中
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

ミリタリー・モーターズ』(原題:Steel Buddies – Stahlharte Geschäfte)は、ディスカバリーチャンネルで放送されているドキュメンタリーリアリティ番組である。

番組概要[編集]

制作はドイツテレビ局DMAX。ディスカバリーによって、ロシアアジア全域、日本などで放送されている。ドイツでは2014年9月に放送が開始され、2020年2月時点で本国ではシーズン7、日本ではシーズン6まで放送されている。

番組の舞台は、ドイツ西部ラインラント=プファルツ州人口300人ほど[1]の小さな田舎町ペータースラールに実在する自動車販売会社モーロック・モーターズ(Morlock Motors)。2万2千平方メートル[2]の巨大な敷地には、およそ1000台[2]車両パーツ部品を納めたコンテナ1000個[3]が山積みにされている。さらにここ以外にも3箇所ほど保管場所がある[4]

その番組名が示すとおり、装甲車ジープといった軍用車を専門に扱っているのが他の自動車番組とは異なる特色であり、魅力になっている[5]

モーロック・モーターズ[編集]

モーロック・モーターズ 航空写真 (2017年)

1994年ケルンで創業、1998年に現在のペータースラールへと移転した[1]。モーロック・モーターズは米軍と独占契約を結んでおり[2]アメリカ軍ヨーロッパで廃棄する車両備品を払い下げ品として購入し、修理カスタムをして販売している。払い下げ品は二週間に一度[2]、コンテナに何が入っているか分からない状態で送られてくる。仕入れ額は1回あたり10[3]~12万[4]ユーロ。車両だけではなく、衣類医療機器トレーニングマシン[6]、組み立て式の指令部[2]など多岐にわたる。ただし武器兵器などは含まれない[2]福袋を買っているようなもので[7]、当たりハズレが大きく、高価な機器や転売しやすい物は当たりだが、ハズレの場合は大量のトイレスリッパ[3]ボーリングの玉800個が届いた事もある[8]。なぜか赤ちゃん用の服とベビーベッドの時もあった[4]。 なぜこれほど大量に廃棄されるのかというと、ミヒャエルによると米軍は1つ必要だったとしても、有事の場合に足りないと困るため7~11個ほど余分に購入する。だが結局は2つぐらいしか使わないため、”未使用の米軍払い下げ品”が大量に生まれるという[4]

米軍以外にも世界各地で軍用車を買い付けたり、ネットオークション[9]、一般人から購入する事もある[10][11]。M151マットは500台以上あり、これはサウジアラビア王族から大特価で買い付けたもの[2]

モーロック・モーターズは特殊な店であるが、購入希望者は大勢いるという[2]。客層は特殊な人たちが多く、医者大学教授軍人用心棒など[12]。顧客が求めているのは、店の宣伝プロモーションディスプレイに使える目立つ車[10]イベントで使用する車[13][9]映画などの撮影用である[6][14]。特殊車両は1日のレンタル料金が高く、撮影が長期にわたる場合は購入した方が結果的には安上がりだという[15]

軍用車が多いが、アメ車などの普通乗用車も取り扱っている[10]。ただ平凡な車はなかなか売れないのが実情[12]。店頭販売だけではなく、自社サイトでネットオークションも行っている。店で買う場合は現金払いのみで、その他の支払いは受け付けていない[2]

従業員数は15名程度[11]。みんな好き勝手やることから、近所では「ならず者」と呼ばれているという[14]スタッフになるには厳しいテストが待っており、ミヒャエルの要求にすぐ応えられる即戦力の人材が求められている[8]。前の職歴や履歴書は関係ない。実際に出された課題は、サビついたフェンダーをさらに踏みつけた物を、きちんと直せるかどうかだった。その就職希望者は突然消え、二度と戻ってこなかった[8]

環境問題[編集]

  • シーズン1では敷地内にある車から燃料が漏れ出し、ドイツ警察や当局から注意を受けた。原因は車を整備していたロージーとエディが、燃料ホースをしっかり閉めずにテストドライブをしたため、ホースが途中で外れ燃料をまき散らしてしまった[3]。道路に巻かれた燃料やオイルは地下水下水道に流れ込むため、深刻な環境汚染を引き起こす。そのため担当者は営業停止も示唆していたが、結局は口頭注意で済んだ[3]
  • シーズン3および4では、環境汚染を危惧する隣人から通報を受けたため、モーロック・モーターズは一時閉鎖され環境庁水道局地方自治体[14]などから監査を受けた[16]。その結果、敷地内に保管してある米軍放出品は”車”とは認められず、スクラップと判断された。そのため自動車会社ではなく、スクラップ置き場となってしまった。さびたエンジンからはオイルやフルードが漏れ、土に還らないゴムやプラスチックもある事から、ドイツではスクラップ置き場に国の厳しい環境基準が適応されるという[16]
車を並べる場合には、樹木から35メートル以上離し、なおかつオイル漏れもさせず、車検の通った(=スクラップではない)車を置け、というお達しだった[16]。ミヒャエルはスペースを空けるため、あまりにも状態の悪い車やパーツは処分し、状態の良い物は在庫一斉処分セール、航空関係の車両は顧客の個人博物館で所蔵してもらう事で、なんとかこの危機を乗り越えた。
  • シーズン4でも匿名の通報を受け環境庁の立ち入りを受けるなど、未だに当局に目を付けられている状況である[11]

出演者[編集]

モーロック・モーターズ[編集]

ミヒャエル・マヌザキス Michael Manousakis
- 後藤光祐[17]
出演:シーズン1 - 出演中
モーロック・モーターズの経営者、メカニックでもある。オフィスワークもするが、現場に出て自分で整備することも多い。スーツなどは着ないで[4]、いつも緑のつなぎを着ている。ギュンターには生粋のメカニックと呼ばれている[18]
1967年[19]8月29日[10]ドイツ人父親ギリシャ人母親の間に生まれる[20][21][22]。21歳の時に従軍[23]ハイウェイで壊れた車を修理していたのが始まりで、メカニック歴は25年[2]ナイジェリアの海でサルベージダイバーとしてお金を稼いでいた事もある[2]。放送開始の15年前にこの商売を始めた[2]。ケルンにいた頃は経営が厳しく、公園ベンチで寝泊まりしでいた事もある[10]
航空機も好きで自家用機を6機所有している[注 1]アマチュアパイロット[10]ライセンスも所持しており、自身で操縦も行う。番組ではアントノフ2セスナO-2物々交換するために、アメリカオクラホマシティまで飛行した。アントノフ2はエンジン1機の単発機であるため、エンジントラブルなどが起きると、海面への不時着水、最悪の場合は墜落することになる。そのため地上にスタッフを配置し、何かあった場合はすぐに救助がかけつけられるように万全の体制がとられた。ミヒャエルも服の下にドライスーツを着込んでいた。アントノフ2の航続距離は約900kmと短いため[22]アイスランドグリーンランドカナダと経由する飛行ルートがとられた[24]。積載燃料は1,200リットルだが、それでも足らないため500リットルの燃料タンクを3つ増設している[注 2][22]エンジンオイルも1時間に4リットルも消費するため[21]、飛行中にコックピットから補充できるように改造されている[22]。この取引は準備期間1年[25]、シーズンをまたぐほど壮大なチャレンジとなった。大西洋横断飛行は無事成功したものの、アントノフ2への愛着から手放すことが出来ず、交換は中止となった(セスナは結局、現金で購入した)。シーズン4では双発機の免許も取得した。前年は飛行中にエンジンを切り、再始動させるテストで再点火できずパニックを起こしてしまい不合格となっていた[15]
他に発明[26]射撃[27]登山[24]ダイビング[26]など、多くの趣味を持っている。長距離射撃はチーム「ラインラント」でシューターを務めている。ヨーロッパで開催された2つの大会でプロを破って優勝し[27]、世界チャンピオンとなっている[26]バイクは嫌いで「あれはケガの元。ミサイルに乗るようなもの」「最悪の乗り物」と酷評している[26]テレビゲームは関しても「くだらない。3時間プレイしても一銭にもならない。時間の無駄遣い」[9]と一蹴。血圧が170もあるため、近くでタバコを吸われるのも嫌いである[8]
身長は2メートル近い大男[10]。意外にも超が付くほどのきれい好き[18]既婚者であり、2014年の時点で7歳のがいる[2]。すぐにカッとなる短気な性格[18]。口癖は「最悪だ!」「ありえない!」。放送禁止用語もすぐ言うため、しょっちゅうピー音と、口元にボカシ処理が入る。ミヒャエル役の声優の後藤も「モノにキレ、部下にキレ、温度にキレる。とにかくキレるアラフィフ敏腕社長」と人物を紹介している[17]

事務スタッフ[編集]

アレックス Alex Janowsky
- 佐久間元輝[28]
出演:シーズン1 - 出演中
ミヒャエルの右腕(rechte Hand von Chef)を務めるオフィスマネージャー。仕事は販売車の書類の作成、部品の手配[10][27]会計などオフィスワークが中心。技術的なことはあまり分からない[12]。ミヒャエルは仕事や趣味で全世界を飛び回る事が多いので、彼が不在の時は代役でモーロック・モーターズをまとめ上げる。スキンヘッドが特徴。本名はAlexander[29]。気が短くすぐに怒る性格[6]。だが仕事が終わればビールを飲んで水に流す[6]
マリーン、レベッカ
出演:シーズン4
インターンシップでモーロック・モーターズに来ている女子学生[27]
アナ
- 末次香澄[30]
出演:シーズン5 - 出演中
シーズン5から出演している女性従業員。
ジュリー Julie Neal[31]
出演:シーズン5 - 出演中
テネシー州メンフィスにあるモーロック・モーターズのアメリカ支店(非公式)[32]の女性スタッフ。ドイツではなく、地元のテネシー出身[33]。2年前[注 3]からアメリカ中のスクラップヤードを回り、車のパーツを入手しドイツへ輸出する仕事をしている[34]ヘビのいるスクラップヤードを回ったり、ワニのいる池に行ったりと仕事は大変だが、アメリカ人らしく常にナイフを携帯するなど自分の身を守る術は持っている[33]モデルのようなルックスだが[35]、性格は男勝り[36]

メカニック[編集]

ロージー Rosi Drescher
出演:シーズン1 - 出演中
チーフ・メカニック(Chef Mechanikerin)を任されている紅一点[注 4]の女性。特に電気系統のスペシャリスト[3]。モーロック・モーターズに入社したのは5年前[3]。就職試験は、いきなり冷たい水に突き落とされること。怖がらずにいたため採用されたという[8]
でも短パンタンクトップは着ない。みんなから作業に集中できないと言われたからである[3]。ミヒャエルによると「ロージーに半裸でうろつかれたら、みんな彼女の胸の谷間に気を奪われて仕事になりません」とのこと[3]。そのため夏場は汗だくである。男性スタッフに口説かれる事もあるが、幼稚園[注 5]に通う息子がいるママである[22]
クロツキー Michael "Klotzki" Kurkowsky
- 大隈健太[37]
出演:シーズン1 - 出演中
金属加工(Metallbauer)のスペシャリスト。10年間オートバイのディーラーを勤めた後、金属加工所を経営[27]。2009年よりモーロック・モーターズで働いている[27]。軍用車は普通車とは違いほとんど市場に出回らないため、アフターマーケット品のパーツなどはなかなか手に入らず、また客の注文も特殊なものが多いため、必然的にパーツなどは自作する事になる。モーロック・モーターズで作れないのはパン焼き器ぐらいだという[27]
短髪で筋骨隆々のたくましい身体が特徴。ミヒャエル「俺のカミさんよりでかい胸」[3]ヘビースモーカーであり、仕事中にも吸っている。金属加工は緻密な作業なので、リラックスするために「まずは一服」[38]「タバコが燃料」[13]。短気な人間が多い職場であるが、辞めようと思ったことは一度もないという[26]
オイルランプ(油圧警告灯)が点灯しているにも関わらず、数メートルなら平気だろうと動かしてしまい、カムシャフトが焼き付きエンジンを壊したことがある[26]。メカニックにあるまじき失態に、ミヒャエルからは怒られ、ロージーには笑われてしまった[26]
ギュンター Günther Zschimmer
出演:シーズン1 - 出演中
熟練の塗装工(Lackierer)。かなりの年配者。ケルン出身[23]。ミヒャエルが運転免許とりたての18歳の青年の頃からの長い付き合い[2]。家もお隣さんだったが、ミヒャエルに電気を盗まれていた[2]。モーロック・モーターズ立ち上げ時からの古参スタッフ。死んだらここに骨を埋めたいとミヒャエルと約束している[2]。孫がいるが、将来はここで働きたいと休日に練習にやってくる[14]
職人歴は40年[14]。朝4時から仕事を始める[14]。普通の自動車は様々な色で塗装されるが、モーロック・モーターズは軍用車が多いため、グリーンに塗ることが多い[12][14]。米軍のオリジナルカラーを使用しているが、これは非常に高価でピックアップ1台分で800ユーロほどかかる[2]。中に特殊な物を配合しており、レーダーにも引っかからないという[2]。かなり短気な性格で、塗装についてほんの一言でも文句を付けると沸騰する。ミヒャエル曰く「瞬間湯沸かし器[2]。ギュンターのせいで店を辞めたスタッフも多い[2]
ファビアン Fabian Achöbel
出演:シーズン2 - 出演中
大西洋横断のサポートを務めたメカニック。体重115kgの巨漢[22]。この計画を手伝いたいと自らの意思で参加した。ただし飛行機の専門知識がある訳ではない[22]。途中、修理が必要になったため部品を持ってニューヨークで合流。一緒に目的地まで行くことになった[25]。シーズン4ではミヒャエルと一緒にライセンスの取得に挑戦した[15]。ミヒャエルは世界中を飛び回る事が多いが、ファビアンは副操縦士やサポートとして一緒に同行する事が多く、モーロック・モーターズの現場にいるシーンは非常に少ない。心配性な性格で、大型車を運転したがらなかったり、飛行機の空気圧など細かいことを気にしたりする。そのため豪胆な性格のジュリーによくからかわれている[36]
アレックス
出演:シーズン1 - 出演中
モーロック・モーターズで20年以上働いている古参従業員。4人いる整備士の内の1人[32]ポーランドの農場主で、収穫時期以外はモーロック・モーターズで働いている[32]
エディ
出演:シーズン1
ロージーを口説いていたメカニック。溶接の時にマスクを付けなかったり、燃料漏れ事故を起こしたため、よく怒鳴られている[3]
イーゴル
出演:シーズン1 - 出演中
アメ車の使い手と呼ばれるメカニック[10]ケーブル関係も担当している[25]
シュテファン Stephan Becker
出演:シーズン1 - 出演中
プロドライバー[16]。大型特殊車両のマニア。太いもみあげが特徴。「チビッてもいいようにオムツを履いてる」「タマが凍りそう」「竿が折れちゃうよ」など下ネタ発言が多い[16]
ボグダン
出演:シーズン1 - 出演中
メガネをかけているメカニック。広大な敷地に雑然と置かれているパーツの在処を把握している[39]
インゴ Ingo Meier
出演:シーズン1 - 出演中
スキンヘッドが特徴のメカニック。古い軍用車両のスペシャリスト[20]。まだ学生の頃、学校帰りにミヒャエルの作業場に行って手伝いをして5マルク稼いでいた。卒業後、そのままモーロック・モーターズに就職した[40]
ペーター
出演:シーズン5 - 出演中
モーロック・モーターズで働きたいと志願してきた若者。動かなくなったV8エンジン洗面台を修理するという試験に合格し採用された[34]。実は元・屋根拭き職人で、メカニックの腕は趣味でやっていた程度。採用試験でもミヒャエルに怒鳴られてばかりだったが、めげずに楽しそうに仕事をしていたこと、他のスタッフにも認められようと努力している点などが評価された。ミヒャエルは「私はペーターが大好きです」と絶賛している[34]

その他[編集]

シュテファン Stephan Pees
出演:シーズン1 - 出演中
モーロック・モーターズの元・従業員。現在はトラック運転手をしているが[41]、辞めた後でも良好な関係は続いており、人手が足りない時などは助っ人として働いている[2]。ミヒャエルとは25年の付き合い[2]。元々戦車の操縦を教える立場の人間で、どんな状況にも動じない性格[2]テンガロンハットをいつも被っている。
フォルカー Volker Steiner
出演:シーズン1 - 出演中
スキンヘッドとアゴヒゲが特徴。ミヒャエルとは子供の頃からの幼なじみ[12]、たまに手伝いに来る[10]ボディビルダーの様なたくましい肉体が特徴で、ミヒャエルのボディガードと間違われたこともある。
マルティン Martin Altmann
出演:シーズン2 - シーズン3
ミヒャエルの友人のパイロット。大西洋横断で副操縦士を務めるはずだったが、出発の3時間前に怖じ気づいて断念した[24]
トニー Tony Eyre
出演:シーズン3
マルティンの紹介で副操縦士を務める事になった、飛行経験50年の熟練パイロット[24]。大西洋横断も経験済み[24]。アメリカに農場を持っており、そこに娘の家族がいる[38]。本来ならそこでお別れだが、取引が不安という事でオクラホマシティまで付いてきてもらった。この過酷な旅を通して二人は親友となった[38][6]
ジュリー Julie Fetcko
出演:シーズン4 - シーズン5
アメリカフロリダ州で行われた航空ショーで出会った女性。全米を夫と一緒にグラマン社の飛行艇HU-16(愛称アルバトロス)で飛び回っていたため”アルバトロス・レディ”(The Albatross Lady)のあだ名で知られる。数年前に夫が燃料の給油を忘れ、滑走路の50メートル手前で茂みに墜落。夫は亡くなり、ジュリーも足を骨折する大けがを負い、車椅子生活となった[42]
シーズン4でアルバトロスを手放すため35万ドルで売りに出していたところ、ミヒャエルは同機を欲しがっていたため、27万5千ドル付近で交渉していた[41]。シーズン5でアメリカを再び訪れた際、同機を入念にチェックしたが、6年放置されていたため、痛みが激しく修理費がかさむことが判明した。ただ同行したメカニック達も購入に意欲的なため、再度購入に向けて値段交渉中である[42]
クリス Chris
出演:シーズン4
長距離射撃チーム「ラインラント」でスポッターを務めているミヒャエルの相棒[27]

放送リスト[編集]

シーズン ドイツ初回放送日
初回 最終回
1 4 2014年9月22日 2014年10月13日
2 6 2015年9月21日 2015年10月26日
3 6 2016年1月1日 2016年5月30日
4 7 2016年9月3日 2016年12月13日
5 18 2017年5月9日 2018年1月16日
6 17 2018年8月22日 2019年8月20日
7 13 2019年8月27日
特別編 3 2016年1月1日

シーズン1[編集]

全4回

通算 話数 原題 日本語タイトル
1 1 Immer diese Pausen 世界一短いハマー
2 2 Rüben in den Tank エアストリーム/シボレーK30
3 3 Ein Army–Truck für Mutti REO社 巨大トラック
4 4 Panzer–Alarm im Westerwald BTR-50装甲兵員輸送車

シーズン2[編集]

全6回

通算 話数 原題 日本語タイトル
5 1 Des Wahnsinns fette Beute シボレー・コルベット ペースカー
6 2 Undercover Tank Guerilla アントノフ2 飛行計画
7 3 Wat MUTT dat MUTT! フォードM151
8 4 Burgertruck-Alarm フレイトライナー ステップバン
9 5 Viva Mallorca! アントノフ2 テスト飛行
10 6 Nur die Harten kommen in den Garten シボレー・バン

シーズン3[編集]

全6回

通算 話数 原題 日本語タイトル
11 1 Flug über den Atlantik Teil 1 アントノフ2 旅立ち
12 2 Flug über den Atlantik Teil 2 いざアメリカへ!
13 3 Eine Landung im Stoppelfeld バージニアへの旅
14 4 Ein Abschied für immer? 終着地
15 5 Das ist der Hummer! 寄せ集めハマー
16 6 Alles aus für Morlock Motors? ジェットエンジン搭載 BTR-50

シーズン4[編集]

全7回

通算 話数 原題 日本語タイトル
17 1 Ausflug nach Moldawien アントノフ再び
18 2 Panzer zum Schnäppchenpreis GMCバンデューラ
19 3 Die schwerste Prüfung ミヒャエルの試験
20 4 Verrückt nach Fliegern 水陸両用飛行艇
21 5 Der Scheunenfund レア車コレクション
22 6 Schuss ins Schwarze 射撃選手権
23 7 Der Endzeit-Bolide コンピューターゲーム用戦闘車両

シーズン5[編集]

全18回

通算 話数 原題 日本語タイトル
24 1 Ein Panzer für den Garten センチュリオン
25 2 Voll zerlegt 高機動車「ジャッカル2」
26 3 Eine Hummer Gelegenheit ハマー輸入
27 4 Roadtrip USA アントノフ2との再会
28 5 Der Blindflug ハマー輸出と夜間飛行
29 6 Schräger Wasservogel 水陸両用飛行艇HU-16
30 7 Die Blaumacher スクールバス改造
31 8 Oldie but Goldie A型フォード
32 9 Der Rosinenbomber DC-3 航空機ビジネス
33 10 Der grüne Gigant 水陸両用車ライン川下り 前編
34 11 Die Rheinfahrt 水陸両用車ライン川下り 後編
35 12 Die Mutt-Macher フォードM151の行方
36 13 Oh Reo! AMゼネラル M923トラック
37 14 Achtung Alligator! HU-16 購入準備
38 15 King of the Road! VL100ヴィスタライナー
39 16 Alte Schätzchen 希少アメ車発掘
40 17 Die Katze im Sack 航空機衝動買い
41 18 School’s out! スクールバス輸送作戦

シーズン6[編集]

全17回

通算 話数 原題 日本語タイトル
42 1 Alles Plaste? プラスチックジープ
43 2 Bella Italia 美しきイタリア
44 3 Der feuerrote Party–Truck 移動式ステージ
45 4 Schlimme Finger! 多目的戦術輸送機
46 5 Die absolute Höhe! KME社製はしご車
47 6 Ganz großes Kino M942トラック
48 7 Frohe Kunde(n) 改造キャンピングカー
49 8 Was für ein Vogel! ロシア製水陸両用車
50 9 Fieser Fehlgriff アメリカ買い付け旅行 前編
51 10 Unsichtbare Gegner アメリカ買い付け旅行 後編
52 11 Die Käfer–Plage
53 12 Der E–Panzer 戦車センチュリオン
54 13 Das Erbe des Tuners
55 14 Geile Kiste!
56 15 SPECIAL: Little Britain
57 16 SPECIAL: Shopping Trips
58 17 SPECIAL: Flight of the Antonov

シーズン7[編集]

全14回

通算 話数 原題 日本語タイトル
59 1 Hop oder top?
60 2 Bulli do Brasil
61 3 Voll Panne!
62 4 Günthers Goldstücke
63 5 Der russische Riese
64 6 URO-Logie
65 7 Traumschiff?
66 8 Abgesoffen!
67 9 Kurz und knapp!
68 10 Vier Achsen für ein Halleluja!
69 11 Geschweißt und zugenäht
70 12 Ein Bund für's Leben
71 13 Das Boot
72 14 UNBOXING SPECIAL: Michael packt aus! Teil 1

特別編[編集]

原題 初回放送日
Flug über den Atlantik 2016年1月1日
Steel Buddies: Die Auktion 2019年1月1日
Das geheime Archiv 2019年6月10日

関連項目[編集]

  • M151 - Military Utility Tactical Truck(通称マット)フォードが米軍用に開発した軍用車両。この車は横転しやすいという危険性があるため、払い下げ品は転売されないように装甲車で潰してスクラップにしてある[21]。モーロック・モーターズではそれを直して販売しているが、アメリカから文句を言われたことはないという[21]。サウジで購入した500台は、白く塗り替えただけで払い下げられた[21]。年に15台ほど販売しており[21]、残りはおよそ200台[23]
  • ハンヴィー - マットの後継となった軍用車。民間用に販売される様になったのがハマーである。これもサウジで30台ほど購入した[8]。モデルは貨物・兵員輸送型のM998[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 放送開始時は4機だったが、その後番組内でセスナO-2とT-28 (航空機)を購入している。
  2. ^ これで合計積載燃料は2,700リットルだが、翻訳にミスがあり2万7千リットルとナレーションしている。
  3. ^ シーズン5の時点で。
  4. ^ シーズン5より他の女性スタッフも出演しているため、唯一の女性スタッフではなくなっている。
  5. ^ シーズン2の時点で

出典[編集]

  1. ^ a b シーズン6第10回「アメリカ買い付け旅行 後編」より。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w シーズン1第1回放送より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k シーズン1第3回放送より。
  4. ^ a b c d e f シーズン2第1回放送より。
  5. ^ ガラクタ同然の軍事車両を蘇らせる独ディーラーの奮闘記”. dplay (2018年4月12日). 2020年6月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e シーズン3第4回放送より。
  7. ^ 米軍の払い下げ品をレストアする『ミリタリー・モーターズ』がヤバすぎた”. dplay (2019年12月16日). 2020年6月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g シーズン3第5回放送より。
  9. ^ a b c シーズン4第7回「コンピューターゲーム用戦闘車両」より。
  10. ^ a b c d e f g h i j シーズン2第6回放送より。
  11. ^ a b c シーズン4第5回「レア車コレクション 」より。
  12. ^ a b c d e シーズン1第4回放送より。
  13. ^ a b シーズン4第2回「GMCバンデューラ 」より。
  14. ^ a b c d e f g シーズン3第6回放送より。
  15. ^ a b c シーズン4第3回「ミヒャエルの試験 」より。
  16. ^ a b c d e シーズン4第1回「アントノフ再び」より。
  17. ^ a b 後藤光祐のツイッター
  18. ^ a b c シーズン1第2回放送より。
  19. ^ シーズン5第8回「A型フォード」より。
  20. ^ a b シーズン5第9回「DC-3 航空機ビジネス」より。
  21. ^ a b c d e f シーズン2第3回放送より。
  22. ^ a b c d e f g シーズン2第5回放送より。
  23. ^ a b c シーズン2第4回放送より。
  24. ^ a b c d e シーズン3第1回放送より。
  25. ^ a b c シーズン3第2回放送より。
  26. ^ a b c d e f g シーズン2第2回放送より。
  27. ^ a b c d e f g h シーズン4第6回「射撃選手権」より。
  28. ^ ケンユウオフィス
  29. ^ モーロック・モーターズ公式サイトのスタッフ紹介
  30. ^ LLC bookslope プロフィール
  31. ^ Contact”. 2020年5月31日閲覧。
  32. ^ a b c シーズン5第4回「アントノフ2との再会」より。
  33. ^ a b シーズン5第16回「希少アメ車発掘」より。
  34. ^ a b c シーズン5第3回「ハマー輸入」より。
  35. ^ シーズン5第17回「航空機衝動買い」より。
  36. ^ a b シーズン5第18回「スクールバス輸送作戦」より。
  37. ^ 大隈健太のツイッター
  38. ^ a b c シーズン3第3回放送より。
  39. ^ シーズン5第7回「スクールバス改造」より。
  40. ^ シーズン5第15回「VL100ヴィスタライナー」より。
  41. ^ a b シーズン4第4回「水陸両用飛行艇」より。
  42. ^ a b シーズン5第6回「水陸両用飛行艇HU-16」より。

外部リンク[編集]