エストニア空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エストニア空軍
Roundel of the Estonian Air Force.svg
創設 1918年1991年
国籍 エストニア
軍種 空軍
作戦機 なし

エストニア空軍エストニア語:Eesti Õhuvägi)はエストニアにおける空軍組織。現在のエストニア空軍は1991年に再設立されたものであり、作戦機は有していない。

概要[編集]

第一次世界大戦後にエストニアが独立すると、それに伴い、空軍も設立された。最初の空軍の設立は1918年11月21日のことである。1930年代には130機の航空機を有していた。その後、ソ連による併合時期やナチス・ドイツに占領されていた時期には空軍を有しておらず、それぞれの国家の部隊がエストニアに駐留、あるいはそれぞれの国家によってエストニア人部隊が編成された。

1991年にソ連より独立すると、12月16日にエストニア空軍も再設立された。装備としては旧ソ連製のものを継承している。2004年にエストニアは北大西洋条約機構(NATO)に加盟したこともあり、作戦体系を西側のものに変更する必要が生じている。なお、2007年現在、エストニア空軍は練習機連絡機ヘリコプターのみを有しており、作戦機は保有していない。そのため、領空警備をNATOに依存している(北大西洋条約機構によるバルト三国の領空警備)。

保有機材[編集]

航空機 生産国 種類 バージョン 運用機数[1] 備考
L-39アルバトロス チェコの旗 チェコ 練習機 2機
An-2 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 汎用機 2機 近いうちに退役予定
L-13ブラニーク チェコの旗 チェコ 2機
PZL 104ヴィルガ ポーランドの旗 ポーランド 汎用機 ヴィルガ35 1機
ロビンソン R44 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 汎用ヘリコプター 4機

References[編集]

  1. ^ "World Military Aircraft Inventory", Aerospace Source Book 2007, Aviation Week & Space Technology,January 15 2007.