BTR-60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BTR-60
BTR-60PB NVA.JPG
BTR-60PB
基礎データ
全長 7.56m
全幅 2.835m
全高 2.31m
重量 10.3t
乗員数 2名
乗員配置 乗員2名、歩兵12名
装甲・武装
装甲 5mm-9mm
主武装 KPVT 14.5mm重機関銃
副武装 PKT 7.62mm機関銃
機動力
速度 80km/h(整地)
10km/h(水上)
不整地速度 60km
エンジン GAZ-49B
4ストローク直列6気筒液冷ガソリン×2
180hp
懸架・駆動 トーションバー方式
ハイドロサスペンション
八輪駆動
行動距離 500km
テンプレートを表示

BTR-60ロシア語: БТР-60)は、ソビエト連邦で開発された装輪式装甲兵員輸送車である。

概要[編集]

1959年に採用されてから21世紀に入っても現役で使用されている、第二次世界大戦後に開発された装輪式装甲車としては代表的なものの一つである。

それまでソビエト軍で使用されていたBTR-40BTR-152といった装輪式の装甲車は、堅実な設計であったが、基本的には「トラックをそのまま装甲化した」ものに過ぎず、実戦部隊からは「戦車に充分に追随できず、機械化部隊の装甲車としては能力不足である」との意見も多かった。PT-76水陸両用戦車を基に装軌式の装甲兵員輸送車であるBTR-50も開発されたが、この車両は高価で生産費用がかかり、運用維持にかかるコストも大きいために大量配備に難があるとされ、「装輪式で生産・運用コストが廉価で、充分な能力を持った装甲兵員輸送車を」という要望により開発されたのが本車である。

ZIL-153

1950年代後半から開発が開始され、生産・運用のコストを抑えるために極力民間向けのトラックと共通するコンポーネントを用いることを第1に、T-54戦車に無理なく追随できる能力があることが求められ、ゴーリキー自動車工場設計局(GAZ)とリハチェフ記念工場設計局(ZIL)設計局によってそれぞれ4軸8輪・背の高い舟型車体を持つGAZ-49と3軸6輪・同じく舟型だが背の低い車体を持つZIL-153が開発され、評価試験の結果GAZ-49が1959年に採用された。

最初期の型は車体天面に装甲のない“オープン・トップ”タイプだが、採用後ほどなくソビエト軍のドクトリンが核戦争下での行動を重視したものに転換されたため、密閉型の車体を持つBTR-60PAが開発、更に「武装が貧弱である」という意見に答えて機関砲装備の砲塔を搭載したBTR-60PBが開発され、以後はこのPB型が主力生産型となり、BTR-60PBを改良したBTR-70によって転換されるまでソビエト軍主力装甲兵員輸送車として用いられた。

ソビエト軍始め東側諸国にも大量に供与されて用いられ、21世紀に入っても世界中で多数が現役である。

構造[編集]

2基のエンジンで第1、第3車軸と第2、第4車軸を分担して駆動させている独特の機構を採っており、これは2つのエンジンを同調させることが難しいという欠点があったが、一方でエンジンが一つ故障や損傷しても問題なく走行が可能である、という冗長性の高さがあった。後部にウォータージェットを一つ装備しており、それにより水上を推進することができる。水上航行時のために、車体前面下部には展開式の波切板が装備されている。

BTR-60PBより搭載された砲塔は全周旋回可能、で俯仰角は-5度~+60度、主武装のKPVT 14.5mm重機関銃と副武装として同軸にPKT 7.62mm機関銃を装備する。この他、車体側面上部左右には数カ所にガンポート(銃眼)が設けられている。

欠点[編集]

実戦で運用された際に本車の最大の問題となった点として、エンジンが車体後部にある構造上、兵員室から車外に出るためのハッチが側面上部と上面にしかなく、ハッチの大きさが充分でないために素早く降車できない、という難点があった。主機に引火しやすいガソリンエンジンを搭載しているため、被弾するとそのまま爆発炎上してしまう危険性が高く、前述のハッチの位置問題から兵員室からの脱出が遅れてそのまま焼死してしまう恐れが強かった。そのため、歩兵達は兵員室に乗るのではなく、車上に跨乗して警戒することを好んだ。

派生型[編集]

BTR-60P
初期生産型。1960年より生産開始。上部開放型の車体が特徴。乗員は2+14名。通常はPKT 7.62mm機関銃1挺を前部のピントルマウントに搭載するが、DShK 12.7mm重機関銃も搭載できた。また、左右側面にもピントルマウントがあり、必要に応じて機関銃を取り付けられた。
BTR-60Pu
指揮通信車輌。屋根は布張り。
BTR-60PuM
BTR-60PuM1
BTR-60Pu12
PuMを改良した防空指揮車輌。
BTR-60Pu12M
Pu12の改良型。


BTR-60PK(PA)
BTR-60PA
1963年より生産開始。上部が密閉式となり、上部ハッチにPKT 7.62mm機関銃またはDShK 12.7mm重機関銃を1挺を搭載。乗員2名と兵員10名を乗せる。
BTR-60PAI
武装をKPVT 14.5mm重機関銃に換装したもの。


BTR-60PB
KPVT 14.5mm重機関銃とPKT 7.62mm機関銃を装備する円錐形の砲塔を搭載。1966年から1976年まで生産され、乗員3名に兵員8名を乗せる。
BTR-60PBK
BTR-60PBK
指揮通信車輌。-Puとは異なり砲塔を搭載している。
BTR-60 R-156
BTR-60PBベースの航空管制車。
BTR-60 R-975M1
R-156の改良型。
BTR-60 1V18
対空ミサイルを搭載した砲兵観測車輌。
BTR-60 1V19
1V18の改良型。射撃指揮車輌。
BTR-60PZ
BTR-60PZ
BTR-70と同じ砲塔を搭載した改良型。
BTR-60 R-145「チャイカ」
指揮通信車輌。
BTR-60 R-145BM
R-145の改良型。
MTP-2
MTR-2
装甲回収車型。
BTR-60SP AAG
キューバで開発された派生型。30mm連装機関砲搭載。
OT-64 SKOT
ポーランドチェコスロバキアが共同で開発した8輪式装甲兵員輸送車。厳密には派生形ではなく競合車輌である。

採用国[編集]

アフガニスタン侵攻時のBTR-60
(右側の車列はBTR-80)
BTR-60の採用国
ラテンアメリカ
東アジア、東南アジア、南アジア
中東、北アフリカ
欧州、旧ソ連構成国
サハラ以南のアフリカ(ブラックアフリカ

登場作品[編集]

映像作品[編集]

ペンタゴンウォーズ
アメリカ軍が入手したものをテストしている車両として登場。
ランボー3/怒りのアフガン
クライマックスの戦闘シーンに登場。
若き勇者たち
ソビエトのアメリカ侵攻軍の車両として登場。
上記3作に登場するものは、実物ではなくレプリカ車両である。このレプリカ車両は1950年代末-1960年代初頭にかけて米軍で行われた水陸両用戦術トラックの開発計画により開発された試作車両、XM453を改造して製作されたもので、BTR-60の特徴をよく捉えているが、実物に比べて車体上部が大きく、側面から見た時に4軸ある車輪の第2軸と第3軸の間の間隔が広いことで見分けることができる。なお、このレプリカ車両は1990年代-2000年代に入っても現存しており、いくつかの作品に登場している。

漫画[編集]

気分はもう戦争
中ソ戦争のシーンにBTR-60Pが登場。

ゲーム[編集]

ARMA 2
独立拡張パック"Operation Arrowhead"に登場し、プレイヤーやAIが操作可能。
コール オブ デューティシリーズ
CoD:BO
ハドソンらCIA工作員ソ連軍から鹵獲し、使用する。
CoD:BO2
Mi-8 ヒップMi-24 ハインドなどとともに登場。プレイヤーは、スティンガーミサイル対戦車地雷を用いて戦うことになる。
大戦略WEB
RS国のライセンスとして登場研究を進めることで生産できる。
バトルフィールド ベトナム
マーセナリーズ
北朝鮮の反乱軍が使用。
メタルギアソリッド ピースウォーカー
ステージボスとして登場。PAとPBの2種が登場し、PAは7.62mm機関銃で、PBは25mm機関砲武装している。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]