MT-LB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MT-LB
Soviet MT-LB.JPEG
基礎データ
全長 6.45m
全幅 2.86m
全高 1.86m
重量 11.9t
装甲・武装
装甲 最大14mm
主武装 PKT 7.62mm機関銃×1
機動力
速度 61km/h(路上)
31km/h(不整地)
6km/h(水上)
エンジン YaMZ-238
4ストロークV型8気筒液冷ディーゼル
240馬力/2,100rpm
行動距離 500km(路上)
テンプレートを表示

MT-LBMnogotselevoy Tyagach -Lekhko Bronirovannyi、ロシア語: МТ-ЛБМногоцелевой Тягач егкий Бронированный:「汎用軽装甲牽引車」の意)は、ソビエト連邦で開発された汎用装軌装甲車両である。

概要[編集]

PT-76水陸両用軽戦車およびその派生型であるBTR-50水陸両用装軌装甲兵員輸送車コンポーネントを流用[1]して開発された装軌式汎用装甲車両で、主に中型火砲の牽引と砲員および弾薬の輸送を目的として設計された。

6,500kgまでの火砲または車両を牽引できる他、車内後部区画には11名の兵員もしくは2,000kgまでの貨物を積載可能で、火砲牽引車としての他に装甲兵員輸送車としても用いられ、車体を流用した各種の派生型が多数開発されている。

本車が牽引対象としていた火砲の例として、BS-3 100mm野砲T-12 100mm対戦車砲D-30 122mm榴弾砲120mm迫撃砲PM-43等が存在する[2]

採用国[編集]

運用国
運用国(青)、退役国(赤)


退役国

脚注[編集]

  1. ^ 走行装置などが共通なだけであり、車体は別個の新設計である。PT-76系列が車体後部にエンジンを置いて後輪駆動だったのに対し、本車は車体前部にエンジンを置いて前輪駆動となっている。またエンジンも別系統の新型エンジンである。
  2. ^ #ソ連地上軍 P.174、P.199、P.201

参考文献[編集]

  • グランドパワー10月号別冊 世界の軍用車輌(3) 装軌/半装軌式戦闘車両:1918~2000』 デルタ出版 2000年
  • 田中義夫:編『戦車名鑑1946-2002現用編』(ISBN- 978-4877199272)光栄 2002年
  • デービッド・C・イスビー著、林憲三訳 『ソ連地上軍 兵器と戦術のすべて (元題:WEAPONS AND TACTICS OF THE SOVIET ARMY)』 原書房、1987年ISBN 4-562-01841-0

関連項目[編集]