OTR-21 トーチカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 OTR-21 トーチカ
Tochka-U rep parad Yekat.jpg
ロシア陸軍のトーチカ-U(スカラベ-B)
種類 戦術弾道ミサイル
運用史
配備期間 1976年 -(A型)
1989年 -(B型)
1990年 -(C型)
配備先 採用国を参照
開発史
製造業者 機械製作設計局(KBM)
諸元
全長 6.4 m
直径 0.65 m

最大射程 185 km(C型)

エンジン 単式固体燃料推進式9M79
テンプレートを表示

OTR-21 トーチカ(露:Оперативно-тактический ракетный комплекс «Точка»、戦術任務ミサイル複合体「トーチカ」)は、ソビエト連邦軍の自走式戦術弾道ミサイルGRAUインデックスでは9K79NATOコードネームではSS-21 スカラベと呼ばれる。

概要[編集]

9K52 ルーナ-Mは大型かつ無誘導で正確性に欠けていたため、より小型で精密誘導が可能な地対地ミサイルとして、1968年のソビエト連邦閣僚決議148-56号に基づき開発が始まった。初期型の9K79は1975年に採用され、当初戦略ロケット軍の所属だったが、1980年代末に陸軍へと移管された。

OTR-21 トーチカは、6輪式の9P129 BAZ-5921ロシア語版輸送起立発射機に戦術弾道ミサイルを搭載し、固体燃料の採用により迅速な展開が可能になっている。更に水上航行も可能で、CBRNE防護機能も備える。

名称の「トーチカ」はロシア語で「点」を、「スカラベ」はタマオシコガネ(いわゆるフンコロガシ)を意味する。

バリエーション[編集]

スカラベ-A(9К79)
1975年採用。最低射程は15km、最大射程は70km、平均誤差半径は150m。重量は2,000kg。
スカラベ-B(9К79-1)
1989年採用。パッシブレーダーホーミングを採用。最大射程を120kmに延長し、平均誤差半径は95m以内に改善された。重量は2,010kg。トーチカ-U(Точка-У)とも。
スカラベ-C
1990年代に採用。最大射程を185kmに延長し、平均誤差半径は70m以内に改善された。重量は1,800kg。

弾頭[編集]

9M79B、9M79B1、9M79B2
100kt、200kt、200kt級核弾頭。
9M79F、9N123K
通常弾頭
9N123F-P
電磁パルス弾頭
9N123G
化学弾頭(VRガス
9N123G2-1
化学弾頭(ソマン

実戦[編集]

採用国[編集]

採用国の地図。青が現役、赤が退役済み。
ウクライナ軍の車両。(2008年、キエフ

現役[編集]

アルメニアの旗 アルメニア
8基以上
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
3基
 ベラルーシ
36基[1]
 ブルガリア
18基[2]
 カザフスタン
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
派生型のKN-02
ロシアの旗 ロシア
220基[3]。2020年までに9K720 イスカンデルに更新される計画 [4][5][6]
 ウクライナ
90基[7]
シリアの旗 シリア
イエメンの旗 イエメン

退役済み[編集]

 チェコ
東ドイツの旗 東ドイツ
ドイツ再統一に伴い、ドイツに継承。
ドイツの旗 ドイツ
 リトアニア
ポーランドの旗 ポーランド

出典[編集]

  1. ^ Belarus Army Equipment
  2. ^ Milev, Momchil (2014年4月11日). “Da izkovem ot plugovete mechove”. Economedia. p. 2. 2018年11月11日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2014年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月11日閲覧。
  4. ^ Великий воин и защитник "Искандер"”. vpk.name. 2018年11月11日閲覧。
  5. ^ Денис Тельманов. “Сухопутные войска теряют тактические ракеты”. Известия. 2018年11月11日閲覧。
  6. ^ Artillery units of Russia will replace Tochka-U tactical missile with Iskander-M - Armyrecognition.com, 28 November 2016
  7. ^ Ground Forces Equipment - Ukraine