アルマータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルマータ

9may2015Moscow-01 (cropped).jpgT-14

9may2015Moscow-09.jpgT-15
種類 装軌重装甲車
原開発国 ロシアの旗 ロシア
運用史
配備先 ロシア連邦軍
開発史
開発者 輸送機械製造・ウラル開発局、 ウラルヴァゴンザヴォート英語版
製造業者 ウラルヴァゴンザヴォート社
製造期間 2015[1]
製造数 20[1]
諸元
重量 48t(T-14の場合)
要員数 3名[2]

装甲 44S-sv-Sh[3]
主兵装 (モデルに依存)T-14: 125mm 滑腔砲2A82戦車砲, 2S35: 152mm 榴弾砲[4]
副兵装 (モデルに依存)T-14: 30mm砲および12.7mm重機関銃[5]
エンジン A-85-3A ディーゼルエンジン
変速機 8速オートマチック
速度 65-75キロメートル毎時 (−6.2 mph)
テンプレートを表示

アルマータ(Armata Universal Combat Platform、アルマータ共通戦闘プラットフォーム)とは、ロシアで作られた、先進的な軍用重装軌車輌のプラットフォームとなる試作車輌である。

『アルマータ』プラットフォームは、同一の車体を基本とする同じコードネームの下、主力戦車や、重歩兵戦闘車装甲回収車、重装甲兵員輸送車、戦車補助車両、また幾種類かの自走砲などの基礎機材になることを意図している。またこの車輌は、砲兵部隊、防空、およびNBC防護システムの基礎機材として用いることも意図している[6]

呼称の由来[編集]

この戦車(より正確には「統合重戦場プラットフォームの将来的なファミリー」"перспективный ряд тяжёлых унифицированных платформ поля боя")の名前である「アルマータ」は、ギリシア語の"arma"(άρμα)の複数形、兵器を意味する単語から指名されている。またこの語は古いロシア語で14世紀の銃を意味している。度々この語は「Armada」とジャーナリストによって誤記されてきた。[7][8][9][2]

開発[編集]

2009年以降、アルマータ戦闘プラットフォームはニジニ・タギルにあるウラルヴァゴンザヴォート社のもと、設計と開発が行われていた[2]

アルマータ戦闘プラットフォームに基づいて作られた重戦闘車輌の試作車は、2013年11月、ニジニ・タギルで開かれたロシア兵器展示会にて公開された[10]

2014年11月、自走砲タイプの2S35 コアリツィア-SVの走行試験が行われた[4]

最初の24両は2種類の異なる型式であり、2015年のモスクワ戦勝日パレードで公開された[10][11][12]、同年中に32両の生産バッチがロシア陸軍部隊に配備されると推測される[13]

国による試験は2016年開始が予定され、同年終わりまで続行される[12]。ロシアのメディアでは、2015年もしくは2016年に量産配備が始まるだろうと前もって報じている[14]

総計2,300両の主力戦車が2020年までに配備されると期待されており[10][15]、ロシア軍戦車部隊の70%を近代化する[10][16]。ウラルヴァゴンザヴォート社の工場では、T-14戦車を年間約500両出荷することが予測されている[17]

設計[編集]

ロシアのYuri Kovalenko中将は、アルマータ戦闘プラットフォームが、数両生産されたに留まったT-95戦車の多くの成果を利用していると発言しており、主力戦車型では弾薬区画が乗員から分離され、運用上の安全性を増した一方、エンジンの出力増強が図られており、装甲や主砲及び自動装填装置が改良されている。

先行の報道に拠れば、T-14と呼ばれる新型戦車は、開発停止となった「オブジェクト195」またはT-95よりも設計において急進性や野心性を減らしており、車両重量は減らされている。これによってもっと野心的であったT-95と比べて、より軽快で生産しやすくなることが予想されている。加えて「クルガネツ-25英語版」装軌装甲車両は新型のアルマータ戦車と高い共有性があり、諸種のモデルに変更することにより、段階的にBMPBMDMT-LB、そして他の型式の装軌装甲車と代替する予定である[15]。クルガネツ-25はモジュラー装甲の装備が予定されており、これは特定の脅威のためにアップグレードされる。また、1門の2A42 30mm機関砲英語版と4基のコルネットEM英語版対戦車ミサイル発射器が装備されている[16]

この戦車は、遠隔操作される無人砲塔を装備しており、これは、別に隔離された区画に搭乗している搭乗員によって、デジタル操作により遠隔操作される。これにより、最終的には完全にロボット化された車輌の開発へと至るとされている[18]

アルマータ・プラットフォームによる車輌は、第5世代ジェット戦闘機スホーイ T-50試作機で確立されたレーダーや他の技術品を搭載しているものとされており、これらには AESAレーダーに基づくKaバンド・レーダー(26.5-40GHz)が含まれる。機器は2015年には準備される予定である[19]

アルマータは44S-SV-SHと呼ばれる、Steel Scientific Research Institute enterpriseの開発した新型の軽量装甲を用いるとされる。この装甲は極度の低温下でも性能が劣化しないという特徴があり、ロシア軍の北極に対する関心を示している[20]

アルマータ戦車には、遠隔兵器ステーション式の無人砲塔や自動操縦装置の他にも、搭乗員を保護する装甲化されたカプセルを装備しており、無人砲塔には125mm砲が装備され、携行弾数は32発である。戦車の弾薬に加えて、主砲からは新型のレーザー誘導ミサイルが発射可能であり、タンデム式対戦車弾頭を持つ射程5,000mのものが製造される予定である。また、副兵装は1門の30mm機関砲と1挺の12.7mm機銃で構成されている[21]

派生型[編集]

T-14
主力戦車[13][22]。ユニットコスト 3,700,000 $[23]
T-15
歩兵戦闘車[24]
T-16 BREM-T
戦車回収車[22]
BM-2 (TOS-2)
短距離ロケット砲、火炎放射システムTOS-1ブラチーノ[22]に類似。
2S35コアリツィア-SV英語版
2A88 152mm榴弾砲を回転式密閉砲塔に搭載した自走榴弾砲[4][22]。しかしながら2015年の戦勝パレードで披露された車両はT-90系と同型と見られる走行装置を持ち、転輪配置自体は2S19と類似するものであった。2S35は砲塔内に自動化された自走砲システムが全て収められているため、この砲塔システムが将来的にアルマータの車体に搭載される可能性も考えられる[25]

採用国[編集]

ロシアの旗 ロシア
アルマータ戦車の最初の生産バッチ、および重装甲兵員輸送車が製造されており、これらはロシアの2015年防衛指令に含まれている。20両が兵員の実践訓練のために配備される[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c “Russia’s new Armata tank on Army 2015 shopping list”. RT. TASS. (2015年2月21日). http://rt.com/news/234363-armata-tracked-armored-platform/ 2015年2月21日閲覧。 
  2. ^ a b c Russian Armata Tank to Enter Testing in November”. RIA Novosti (2013年9月7日). 2015年2月8日閲覧。
  3. ^ “Russia Created New Steel Armor for Armored Vehicles”. Siberian Insider. (2014年7月3日). http://www.siberianinsider.com/russia-created-new-steel-armor-for-armored-vehicles.html 2015年2月22日閲覧。 
  4. ^ a b c Foss, Christopher F (2014年11月17日). “Russia's new Koalitsiya self-propelled gun being trialled”. Jane's Information Group. 2015年2月8日閲覧。
  5. ^ Smith, Rich (2015年1月10日). “Tank Arms Race: Introducing Russia's 21st Century Armata Tank”. The Motley Fool. 2015年2月8日閲覧。
  6. ^ Russia will develop new artillery and air defense systems based on Armata tank platform”. armyrecognition.com (2012年11月23日). 2015年2月8日閲覧。
  7. ^ Каким может быть новый танк "Армата"” (Russian). Army-news.ru (2011年6月22日). 2013年9月23日閲覧。
  8. ^ Наука и техника: Россия примет на вооружение новый танк "Армада"” (Russian). Lenta.ru (2011年4月28日). 2013年9月23日閲覧。
  9. ^ Модель танка на платформе "Армата" ?” (Russian). topwar.ru. 2014年12月9日閲覧。
  10. ^ a b c d Russia to reveal newest Armata tanks in 2015”. Xinhua News Agency (2014年11月11日). 2015年2月7日閲覧。
  11. ^ TASS: Russia - Armata-based new combat vehicles to be displayed in 2015 Victory Parade”. ITAR-TASS (2014年9月12日). 2014年12月9日閲覧。
  12. ^ a b Russia's Armata Battle Tank to Go Through State Trials in 2016”. Sputnik (2014年12月30日). 2015年2月8日閲覧。
  13. ^ a b Novichkov, Nikolai (2014年10月6日). “Russia's new Armata MBT to make its debut in 2015”. Jane's Information Group. 2015年2月8日閲覧。
  14. ^ Russia to Start Producing New Main Battle Tank in 2016”. RIA Novosti (2013年11月20日). 2015年4月2日閲覧。
  15. ^ a b Eshel, Tamir (2012年8月10日). “Russia Plans to Field the T-99, a Radically New Main Battle Tank by 2015”. Defense Update. 2013年9月23日閲覧。
  16. ^ a b Russia plans to be equipped with new armoured Armata - Kurganets-25 and Boomerang from 2016”. armyrecognition.com (2014年1月3日). 2015年2月8日閲覧。
  17. ^ Russian Army Expects to Receive 500 T-14 Armata Tank per Year - Armyrecognition.com, 1 April 2015
  18. ^ New Russian Tank to Have Remotely Controlled Gun”. Sputnik (2012年3月26日). 2015年2月8日閲覧。
  19. ^ New Armata universal combat vehicle platform equipped with radar as the T-50 fighter aircraft”. armyrecognition.com (2014年1月26日). 2015年2月8日閲覧。
  20. ^ Kungurov, Denis (2014年11月14日). “Secret new Russian tank could be deployed to Arctic zones”. Russia Beyond the Headlines. 2015年2月8日閲覧。
  21. ^ Russia's Armata next-generation main battle tank to be equipped with a new missile”. armyrecognition.com (2014年12月11日). 2015年2月8日閲覧。
  22. ^ a b c d VZ article” (Russian). vz.ru. 2014年12月9日閲覧。
  23. ^ Названа цена танка «Армата»
  24. ^ В сети интернет появилось видео тяжелой БМП Т-15 на базе Арматы” (Russian). 2015年3月27日閲覧。
  25. ^ «Коалиция»: богиня войны. Военная приемка - Zvezda (ロシア語)

外部リンク[編集]