2S35 コアリツィヤ-SV 152mm自走榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2S35 コアリツィヤ-SV
NightRehearsal270417-27.jpg
(2017年、モスクワ)
性能諸元
全長 11.9m
車体長 6.95m
全幅 3.58m
全高 2.98m
重量 48~55t
懸架方式 トーションバー方式
速度 67 km/h
行動距離 500 km
主砲 2A65 152mm榴弾砲
最大射程 70 km
発射速度 16~20発/分
副武装 12.7mmKord重機関銃RWS
乗員 3名
テンプレートを表示

2S35 コアリツィヤ-SV 152mm自走榴弾砲(露:2С35 Коалиция-СВ)は、ロシア連邦軍自走榴弾砲

概要[編集]

NATO軍の自走榴弾砲に比べて陳腐化していた2S19 ムスタ-Sの更新のため、コアリツィヤ-SVの開発は2006年に始まった。T-80およびT-72を改造した車体に152mm榴弾砲を縦に2門連装したムスタ-Sの派生型が計画されたものの、高コストと信頼性の低さから2010年に開発は中止された[1]

再設計を経て2014年11月より新型の試験が開始され、2015年のアラビノ演習場におけるモスクワ戦勝パレードの訓練で初公開された。このとき他の新型車両と同様に砲塔はカバーで覆われていた。

当初T-14と車体を共有していると伝えられていたが、転輪が6個になっており(T-14は7個)、実際はT-90ないしムスタ-Sの改良型とみられている。ムスタ-Sと異なり砲塔天板に乗員用ハッチはなく、車体前部右側の車長用、中央の操縦士用、左側の砲手用とみられる3か所にハッチが存在する。これは装填を完全自動化した無人砲塔であると推測されており、将来的にこの砲塔をT-14の車体に搭載することも考慮されているとみられる。乗員区画は装甲カプセルで覆われ生存性を高めているほか、CBRNE防護機能や自動消火装置も備える[2]

砲塔は360°全周回転が可能で、搭載される2A88 152mm榴弾砲の最大射程は精密誘導砲弾で70km、通常弾でも40kmとムスタ-Sの29kmから延長されており、自動装填装置の採用により16~20発/分の速射が可能とされる。これはPzH2000自走榴弾砲などNATO軍の自走砲と比較しても優位にある。このほかにも輸出用としてNATO規格の155mm砲弾に対応したモデルも計画されている。また、自衛用装備として12.7mmKord重機関銃RWS、81mm発煙弾発射機を装備している。

なお、日本国内では「コアリツィ」と表記するWebサイトや文献も見られるが、ロシア語の "я" は /ja/ と発音するため、誤りである。

パーンツィリ-S1などに使用されているKAMAZ-6560トラックをベースに開発した2F66-1弾薬給弾車(Транспортно-загрузочная машина 2Ф66-1)は92発の砲弾を輸送でき、コアリツィヤの砲塔後部に連結することで15分以内の補給が可能である。

ギャラリー[編集]

派生型[編集]

2S35-1 コアリツィヤ-SV-KSh
KAMAZ-6560にコアリツィヤの砲塔を搭載した装輪式自走砲[1][3]

採用国[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b [1] ВПК.name
  2. ^ [2] army.lv
  3. ^ [3] Military Today

関連項目[編集]