9K35

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9A35
9A35 Strela-10.JPG
基礎データ
全長 6.6 m
全幅 2.85 m
全高 2.3 m
重量 12.3 t
装甲・武装
装甲 10 mm(車体前面)
主武装 9M37 地対空ロケット × 4(自走発射機)
機動力
速度 62 km/h
エンジン YaMZ-238 ディーゼル
240 馬力
行動距離 500 km
テンプレートを表示
9M37
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
性能諸元
ミサイル直径 0.12 m
ミサイル全長 2.2 m
ミサイル重量 55 kg
弾頭 6 kg 破砕型弾頭
射程 10,000 m
射高 5,000 m
推進方式 単段式固体ロケット
誘導方式 赤外線誘導
テンプレートを表示

9K35「ストレラ-10」 (ロシア語: 9К35 Стрела-10)は、ソビエト連邦が開発した車載式の近距離防空ミサイル・システムである。

NATOコードネームでは、SA-13“ゴファー”(Gopher:ホリネズミの意)と呼ばれる。

開発[編集]

ソ連陸軍では、連隊レベルの防空兵器として9K31「ストレラ-1」(SA-9「ガスキン」)が配備されていた。しかし同システムは、装輪式のBRDM-2を車体として使用していたために不整地走行能力が装軌車両より劣り、機甲部隊の随伴に適しておらず、また、誘導方式がやや変則的であったため、全方位交戦が可能であった一方で、信頼性は高いものではなかった。

このことから、1960年代末より9K31の後継システムが開発され、1977年に9K35「ストレラ-10」システムが採用された。

設計[編集]

9K35は、MT-LB装甲兵員輸送車に9K31と同様の4連装発射機を搭載した9A35自走発射機が中心となった対空システムである。9K31では9M31を用いていたのに対し、9K35では、ミサイル弾体としては、改良型の9M37を使用する。9M37は、9M31の赤外線ホーミング誘導に加えて画像識別装置やTVモニター誘導を追加することで、フレアなどの欺瞞に対応できるようになっている。射程も、有効射程800 ~ 5,000 m、有効射高10 ~ 3,000 mに延長され、発射速度の増加が行われた。なお、発射機からは旧式の9M31も発射することができる。

9K35は、4連装発射機を装備し、予備弾8発を搭載した自走発射機3両に、誘導レーダー車・指揮車が各1両で一個小隊が編成され、この一個小隊が各戦車連隊に配備されることで、連隊レベルの防空を担うようになっていた。

運用国[編集]

退役した国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Belarus Army Equipment
  2. ^ List of air defense equipment of Czech army
  3. ^ History of the KPAF (in Russian), airwar.ru
  4. ^ Ground Forces Equipment - Ukraine

参考文献[編集]