RT-2PM2 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

RT-2PM2キリル文字:РТ-2ПМ2)はロシアによって開発された大陸間弾道ミサイル。通常、トーポリMと呼ばれる。RT-2PM2とその派生型ミサイルに付けられたアメリカ国防総省番号は、SS-27。NATOコードは、シックルBと命名されている。

名称
工場名 15Zh65
米国名 SS-27、SS-25B Mod 2(Silo-based ICBM)、SS-X-29(Mobile ICBM)
条約番号 RS-12M2(Silo-based ICBM)、RS-12M1(Mobile ICBM)
シックル RT-2PM2 Тополь-М
任務 大陸間弾道ミサイル
開発国 ロシア
最初の試射 1994/12/20
配備年 2000-
配備先 戦略ロケット軍
設計 MIT、KB Yuzhnoe
製造 ボトキンスクミサイル工場
性能・仕様
構成 3段式固体燃料ロケット
全長 22.7m
直径 1段目1.86m、2段目1.61m、3段目1.58m
発射重量 47,200kg
射程 10,000-11,000km
命中精度 350m CEP
ペイロード 単弾頭,1,000-1,200kg
弾頭 550kT 核弾頭
誘導装置 慣性誘導

概要[編集]

RT-2PM(SS-25)トーポリの改良型で、ソ連時代の1980年代より開発が開始された。1994年に発射実験が行われ、部隊配備開始は1997年、作戦能力獲得は1998年のことである。当初はミサイルサイロから配備が開始されたが、後にTEL車両にも搭載・配備されるようになった。2008年1月時点で46基がミサイルサイロに、6基がTEL車両に配備されている。2015年までに69基を配備予定[1]。迎撃対策として核爆発対応も進められており、放射線電磁パルスに対するシールドを有している。

2005年にはアメリカ合衆国弾道弾迎撃ミサイルに対抗するために、新型再突入体の試験が行われた。これは、宇宙空間・高層大気圏において軌道変更能力を持ち、それにより被迎撃性を減少させている[2]

発展型として潜水艦発射弾道ミサイルのものもあり、R-30(SS-NX-30)として2005年から試射が行われている。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ http://www.washtimes.com/news/2005/nov/20/20051120-115514-2217r/