スタールト1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタールト
基本データ
運用国 ロシアの旗 ロシア
開発者 モスクワ熱技術研究所
運用機関 プスコヴィーエ・ウスルーギ
使用期間 1993年 - 現役
射場 プレセツク宇宙基地
スヴォボードヌイ宇宙基地
打ち上げ数 6回(成功6回)
打ち上げ費用 900万ドル(1999年ドル)
原型 RT-2PMミサイル
公式ページ Puskovie Uslugi START
物理的特徴
段数 4段
ブースター なし
総質量 47.2 トン
全長 22.7 m
直径 1.61 m(コア部分)
軌道投入能力
低軌道 632 kg
407km / 51.6度
脚注
出典:Encyclopedia Astronautica
テンプレートを表示

スタールト1ロシア語:Старт-1スタールト・アヂーン)は、ソ連RT-2PM「トーポリ」大陸間弾道ミサイルを元にモスクワ熱技術研究所が開発したロシア連邦人工衛星打ち上げロケットである。質量47トンの小型のロケットで、低軌道に632kgのペイロードを投入する能力を持つ。

概要[編集]

スタールトロケットの開発の契機となったのは、1991年アメリカとソ連(のちロシア)との間で結ばれた第一次戦略兵器削減条約(START-1)だった。この条約は両国に核兵器とその運搬手段の装備縮小を義務付けたため、多くの大陸間弾道ミサイルが退役することとなった。その中にはスタールト1の原型となったRT-2PM「トーポリ」も含まれていた。

RT-2PMをロケットに改造する計画はモスクワ熱技術研究所によって進められた。新しいロケットには条約名のSTARTに因んで「Старт」(Start;ロシア語読みで「スタールト」)という名称が与えられた。最初の打ち上げは1993年3月25日プレセツク宇宙基地で行われ、試験ペイロードを地球周回軌道に投入することに成功した。2回目の打ち上げは3年後の1997年3月4日に実行され、ロシアの商業ペイロードを打ち上げた。これ以降スタールトの打ち上げはスヴォボードヌイ宇宙基地で行われるようになった。現在は株式非公開会社プスコヴィーエ・ウスルーギ」社(ЗАО "Пусковые услуги"ZAO "Puskovie Uslugi":社名は「打ち上げサービス」という意味)というロシア企業がロケットを運用している。

打ち上げ[編集]

リンク[編集]