ソユーズ-M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソユーズ-M
機能 打ち上げ機
製造 OKB-1
開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
大きさ
全高 50m
直径 10.3m
質量 300,000kg
段数 2段
積載量
LEOへの
ペイロード
6,600キログラム (15,000 lb)
関連するロケット
シリーズ R-7
打ち上げ実績
状態 退役
射場 プレセツク宇宙基地
総打ち上げ回数 8
成功 8
初打ち上げ 1971年12月27日
最終打ち上げ 1976年3月31日
特筆すべきペイロード ゼニット-4MT

ソユーズ-M(ロシア語: Союз-М)はソビエト連邦の使いきり型打ち上げ機GRAUインデックスでは11A511Mとされた。開発はOKB-1が行い、生産はサマーラ第一国家航空工場が行っていた。

このロケットはもともと軍事用有人宇宙計画のソユーズ 7K-V1ロシア語版を打ち上げるため、ソビエト連邦軍向けに製造された。後にこの計画は中止されることになったが、同様の目的を持つソユーズ7K-S計画のためにロケットの開発は続けられた。しかしながら、この計画も最終的にはチェロメイOKB-52英語版の開発していたTKSに負けてキャンセルされ、ソユーズ-Mのさらなる開発は放棄され、製造されていたロケットはゼニット-4MT偵察衛星の打ち上げのために再利用されることになった[1]

ソユーズ-Mの正確な詳細は知られていないが、後のソユーズUと類似する、2段式の初代ソユーズの派生型と考えられている[2]。ソユーズ 7K-Sのキャンセルの後、8基がゼニット-4MTの打ち上げに利用された[2]。初打ち上げは1971年12月27日に行われ、1976年3月31日に最後の打ち上げが行われた。打ち上げはすべてプレセツク宇宙基地で行われており、1回目は43/4射点が使われたとされるが、以降の打ち上げに使った発射施設は記録されていない。


[編集]

  1. ^ Soyuz 2-1A launches with Metop-B for Europe
  2. ^ a b Wade, Mark. “Soyuz”. Encyclopedia Astronautica. 2010年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月16日閲覧。