ソユーズU2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズU2
外観はソユーズU2と同じソユーズU
外観はソユーズU2と同じソユーズU
機能 衛星打ち上げロケット
製造 プログレス社
開発国 ソビエト連邦
(ロシアの旗 ロシア)
大きさ
全高 34.54メートル (113.3 ft)
直径 2.95メートル (9 ft 8 in)
質量 297,800キログラム (657,000 lb)
段数 2段
積載量
LEOへの
ペイロード
7,050キログラム (15,500 lb)
関連するロケット
シリーズ R-7 (ソユーズ)
打ち上げ実績
状態 退役
射場 LC-1/5 & 31/6, バイコヌール
プレセツクからも可能
総打ち上げ回数 70回[1]
成功 70回[1]
失敗 0回[1]
初打ち上げ 1982年12月23日
最終打ち上げ 1995年9月3日
特筆すべきペイロード ソユーズ
プログレス
Yantar

ソユーズU2GRAU分類 11A511U2)はソビエト連邦と後のロシア連邦の宇宙船打ち上げロケットである。ソユーズUの派生機種でR-7ロケットシリーズの一つである。推進剤としてシンチンを使用することにより、RP-1を使用するソユーズUよりも性能を向上させたことが特徴である[2]

ソユーズU2の打ち上げ能力向上により、従来のソユーズUより重い宇宙船を打ち上げたり、軽量の衛星であればより高い軌道へ打ち上げる事ができるようになった。

1996年、シンチンの使用による性能向上がその製造コストに見合わないとされ、ソユーズU2が退役した事が発表された。 最終的な打ち上げは前年に行われた[3]

ソユーズU2は当初ヤンターリ偵察衛星やミール宇宙ステーションへのソユーズ宇宙船やプログレス補給船の打ち上げに使用された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c [1]
  2. ^ Wade, Mark. “Soyuz”. Encyclopedia Astronautica. 2010年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月24日閲覧。
  3. ^ Soyuz-U2 (Russian Federation), SPACE LAUNCH VEHICLES - ORBITAL”. Jane's. 2008年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]