ガガーリン発射台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガガーリン発射台
ソユーズTMA-3の打上げ
ソユーズTMA-3の打上げ
基地名 バイコヌール宇宙基地
位置 北緯45度55分13秒 東経63度20分32秒 / 北緯45.920278度 東経63.342222度 / 45.920278; 63.342222
略称 LC-1/5
運営者 ソ連宇宙プログラム
ロシア連邦宇宙局
総打ち上げ回数 TBC
発射台数 1
最小/最大
軌道傾斜角
49° – 99°
打ち上げ歴
状態 運用中
初打ち上げ R-7ロケット、1957年5月15日
最終打ち上げ プログレスM-08M2010年10月27日
関連ロケット R-7ロケット
ボストーク
ボスホート
モルニヤ
ソユーズ (運用中)

ガガーリン発射台ロシア語: Гагаринский старт, 略:LC-1/5[1])はカザフスタンバイコヌール宇宙基地にある発射台ソビエト連邦の宇宙計画に使用され、現在はロシア連邦宇宙局が使用している。

この施設はサイト1[2]Площадка №1)としても知られ、NIIP-5 LC1バイコヌールLC1GIK-5 LC1と表記されることもある。

1954年3月17日、ソビエト連邦閣僚会議ロシア語版は1955年1月1日までにR-7ロケット実験場所を選出するよういくつかの省庁に命じた。特殊調査委員会は可能な地域を選考し、カザフ・ソビエト社会主義共和国Tyuratamが選ばれた。この選出は1955年2月12日に閣僚会議によって承認され、1958年の建設完成を目指した[3]。1955年7月20日にサイト1の建設作業が軍事技術者の手によって始まった。60台以上のトラックが昼夜を問わず作業を行い、1日あたり15000m3の土壌が取り除かれ、全容積は750000m3に及ぶと推定される。1956年10月末までにはR-7の実験に必要な全ての主要な建物とインフラ施設が完成した。

搬入および試験の建物(Монтажно-испытательный корпус)はサイト2と名づけられ、サイト2からロケットの発射台が位置するサイト1への特殊な路線が竣工した[4]。1957年4月までには残り全ての作業が終了し、打上げの準備が整った。

1957年8月21日に世界初のR-7大陸間弾道ミサイルがサイト1から発射された。1957年10月4日には世界初の人工衛星スプートニク1号がサイト1から打上げられた。その後もユーリイ・ガガーリンワレンチナ・テレシコワを含めた多くの有人宇宙船の打上げに使用された。この発射台は他にもルナ計画マルス計画ベネラ計画の探査機や無数のコスモス衛星といった無人宇宙機の打上げにも使用された[5]。1957年から1966年には宇宙機の打上げに加えて、戦略核ICBMの発射にも備えていた[6]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "As Suffredini spoke, a Soyuz TMA-5 spacecraft was being hoisted onto Russia's Baikonur launch pad, named "Gagarin's Start" after the first man in space. ", http://www.chinadaily.com.cn/english/doc/2004-10/13/content_381791.htm , China Daily, 2004-10-13 on Soyuz TMA-5 launch
  2. ^ ネット上の日本語文献では第1発射台としていたが、Site No.2の日本語訳との整合性を保つために本項ではサイト1と訳した
  3. ^ Origin of the test range in Tyuratam at Russianspaceweb.com
  4. ^ (ロシア語)Creation and Launch of the First Earth's Satellite by V.Poroshkov
  5. ^ Baikonur LC1
  6. ^ Gagarin's pad

座標: 北緯45度55分13秒 東経63度20分32秒 / 北緯45.92028度 東経63.34222度 / 45.92028; 63.34222