スプートニク1号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプートニク1号 (Спутник-1)
スプートニク1号
所属 ソビエト連邦
主製造業者 コロリョフ設計局
国際標識番号 1957-001B
カタログ番号 00002
目的 電離層の観測、電波の伝播実験
観測対象 地球
計画の期間 3ヶ月
打上げ機 R-7ロケット
打上げ日時 1957年10月4日
19時28分34秒 UTC
(22時28分34秒 MSK
消滅日時 1958年1月4日
物理的特長
本体寸法 直径58cmの球状
質量 83.6 kg
軌道要素
周回対象 地球
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 215 km
遠点高度 (ha) 939 km
離心率 (e) .05201
軌道傾斜角 (i) 65.1°
軌道周期 (P) 96.2分

スプートニク1号: Спутник-1)は、ソビエト連邦1957年10月4日に打ち上げた世界初の人工衛星。重量は 83.6kg。Спутникはロシア語で衛星を意味する。

コンスタンチン・ツィオルコフスキーの生誕100年と国際地球観測年に合わせて打ち上げられた。科学技術的に大きな成果となっただけでなく、スプートニク・ショックを引き起こし、米ソの宇宙開発競争が開始されるなど、冷戦期の政治状況にも影響を与えた。

概要[編集]

スプートニク計画の最初の機体である。衛星の外形は、直径58cmのアルミニウム製の球であり、それに長さ2.4mのアンテナ4本が一方向についているものであった。主設計はコロリョフ設計局で、重量は83.6kgである。20MHzと40MHzの2つの送信機(出力1ワット)を搭載しており、衛星の温度情報を0.3秒ごとに発信した。 衛星の内部には乾燥した窒素が充填されており(圧力 0.13 MPa)、Oリングで気密が維持されていた。また温度環境を維持するためにファンを回してガスを循環させる仕組みであった。電力は銀-亜鉛電池3台を搭載(2台は送信機用、1台は熱制御用で合計重量51kg)し、この電池からの電力のみで動作した[1]

打ち上げは1957年10月4日にバイコヌール宇宙基地より行われた。使用したロケットR-7ロケットである。衛星の軌道は遠地点約950km、近地点約230km、軌道傾斜角65°の楕円軌道であり、96.2分で周回した。

電池の寿命は3週間であったが、22日後に電池が切れた後も軌道周回を続け、打ち上げから92日後の1958年1月4日に高度がさがり、大気圏に再突入し、消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ Первый спутник наш !. Roscosmos. (2012年10月4日). http://www.federalspace.ru/main.php?id=2&nid=19567 2012年11月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]