コンスタンチン・ツィオルコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンチン・ツィオルコフスキー

コンスタンチン・エドゥアルドヴィチ・ツィオルコフスキーКонстантин Эдуардович Циолковский, Konstantin Eduardovich Tsiolkovskiy、1857年 9月17日 - 1935年9月19日)は、帝政ロシアおよびソビエト連邦の科学者、ロケット研究者、数学教師、著作家。

ロケット理論や、宇宙服宇宙遊泳人工衛星多段式ロケット軌道エレベータなどの考案で知られ、現代ロケット工学の基礎的理論を構築した。この業績から「宇宙旅行の父」「宇宙開発の父」「ロケット工学の父」などと呼ばれる。『月世界到着!』(1916年)をはじめとする先駆的かつ科学啓蒙的なSF小説を著したことにより、SF史にも名を残す。

来歴[編集]

1857年9月17日、モスクワ南東のイジェーフスコエ(リャザン州スパッスク=リャザンスキーの北東)で生まれる。本来の姓はポーランド語でCiołkowski(ツィオウコフスキ)といい、父は革命運動に携わったためロシアに追放されたポーランドの愛国者、母はロシア人だった。

1865年、9歳で猩紅熱にかかり、聴力のほとんどを失う。補聴器すらない時代故に、喇叭に似た形の器具を用いて耳の助けとしており、映像記録にもそれがある。

13歳で独学をはじめ、16歳でモスクワに出て図書館の蔵書を濫読する。

1879年、22歳で教師の免許を取得し、ボロフスク中学校で数学を教える。

1891年流線型の金属飛行機を早くも論文で発案した。しかし、アカデミーの審査会は却下した。

教員としての勤務の傍ら、「月の上で」(1893年)、「地球と宇宙に関する幻想」(1895年)などのエッセイを著す。

1897年、噴射ガスの速度が大きいほど、またロケットエンジンの点火時と燃焼終了時の質量比が大きいほど、大きな速度が得られることを示した「ツィオルコフスキーの公式」を数式化し、最初のロケット理論を完成する。

1903年、「反作用利用装置による宇宙探検」を著し、液体水素液体酸素を燃料とする流線型のロケットの設計図を発表した。

1911年、知人に手紙を出し、その中に有名な一節「Планета есть колыбель разума, но нельзя вечно жить в колыбели」(地球は人類の揺り籠だが、我々が永遠に揺り籠に留まることは無いであろう)が含まれていた。

帝政時代には不遇だったが、ロシア革命後に初めて評価され、1919年ソビエト連邦科学アカデミーの正会員に選ばれ、共産党政府の下でロケット研究に専念する。多段式ロケット(彼は「ロケット列車」と呼んでいた)の検討を進める。

1920年代には多段式ロケットとジェットエンジンの理論を完成させ、世界で初めて宇宙ステーションを考案した。

75歳の時に労働赤旗勲章を受章する。

1935年9月19日78歳で死去、国葬が行われる。死ぬ直前はブースターの可能性を論じていた。

関連事項[編集]